スマートコントラクトって一体何なの?

そう考えているのではないでしょうか。

確かにスマートコントラクトは、イーサリアムについて調べているとよく目にしますよね。

そこで今回は、スマートコントラクトとは何なのか・何が優れているのか・問題点はあるのか、についてコインパートナーが解説していきます!

読み終わる頃には、スマートコントラクトについて自信満々に語れるようになっていると思います。

スマートコントラクトとは

スマートコントラクトとは、プログラムに基いて自動的に契約を実行できる技術のことです。

あらかじめ契約内容を設定しておいて、その条件を満たすと自動で契約が結ばれます。

この技術はブロックチェーンと組み合わさることで、信頼性の高い1対1の取引を実現することが可能となっています。

 

「ブロックチェーンってどんな技術だっけ?」という方はこちらの記事を参考にしてみてください。

ブロックチェーンとは、暗号資産(仮想通貨)を支える肝となっている技術です。ブロックチェーン自体の仕組みはとてもシンプルです。この記事では、ブロックチェーンの仕組みや種類、メリット・デメリットについて解説していきます!
 

ブロックチェーンを用いたスマートコントラクトの仕組み

スマートコントラクト

スマートコントラクトはブロックチェーンと組み合わさることで、当事者間の私的な取引をプログラムとしてブロックチェーン上で記載し、契約の執行条件が満たされたら自動的に契約が執行される仕組みを作ることができます。

これにより、取引に付随する様々な作業を自動で執行できるようになり、不正取引が減ったり世の中の仲介業者がやっていることを自動化できるなど、今後の世界を変える可能性を秘めています。

そもそも契約とは、

  1. 契約定義
  2. イベント発生
  3. 価値の交換、契約執行
  4. 決済

という4つで構成されており、スマートコントラクトでは2〜4を自動で行うことができます。

あまり難しく考えずに身近な具体例を用いて見ていきましょう!

 

スマートコントラクトの身近な具体例

自動販売機

実はスマートコントラクトの概念は、ビットコインができるよりも昔からあります。

1994年にNick Szaboというコンピューター科学者・法学者・暗号学者によって提唱されていて、初めに導入された例として自動販売機を上げています。

自動販売機はお金を入れると商品が自動で出てきます。これは人と人との間で売買の合意があるわけでもなく、売買契約書を交わしたわけでもなく、機械によって自動で執行された契約という意味では、スマートコントラクトの事例であるといえます。

上の契約とは、の話に当てはめると、

  1. 制約条件を満たす額のお金(商品の値段)を入れてボタンを押すと商品が出てくる、という契約を設定する
  2. 人が訪れてお金を入れてボタンを押す
  3. 商品が出てくる
  4. お金が自動販売機のものになる

と言った工程に分けられますよね。

この自動取引こそがまさにスマートコントラクトなんです!

 

スマートコントラクトのメリット

スマートコントラクトの
2つのメリット

  1. 仲介者が必要なくなりコストが削減できる
  2. 契約の改ざんが出来ない

仲介者が必要なくなりコストが削減できる

従来の契約と言われるものの多くは相手への信頼が必要不可欠でした。

1対1で取引する際は、借り手が契約を履行しなかったり虚偽情報を申請する場合や、貸し手が異常に高い利子を要求する場合などがあるため、お互いが相手に何をされるか分からない疑心暗鬼な状態で取引をしていました。

そこで、相手が信頼できないときの契約では中立的立場の仲介者を置くことで「信頼性」の面が解決されましたが、今度は仲介手数料という新たな費用がかかってしまうという問題が発生したのです。

 

このような場面でスマートコントラクトを使えば自動取引が可能になるため、仲介業者が必要なくなりコストを大幅に削減することができます。

こちらの記事では、スマートコントラクトとブロックチェーンによってコスト削減が期待されている産業分野を紹介しています。

ブロックチェーンは暗号資産(仮想通貨)の根幹となる技術ですが、今日ビジネスサイドで活躍するようになってきました。この記事では、ブロックチェーンがビジネスで活きる理由や実際にビジネスで使われている9つの例を紹介していきます。
 

契約の改ざんが出来ない

一度結んだ契約は、セキュリティが強いことで知られるブロックチェーン上に書き込むので改ざん出来ない上、誰もがそれを確認できるから恣意的な契約も結べません。

契約の実行履歴が公開・記録されるため、取引の透明性も高くなります

これによって安全性が非常に高い自動取引を実現できるのです。

 スマートコントラクトの問題点・課題・脆弱性

スマートコントラクトの
2つのデメリット

  1. 契約の変更ができない
  2. 言語が一般的ではない

契約の変更ができない

改ざんできないというのは、メリットでもありますが、デメリットでもあります。

契約を結んでからの事情変更による対応が困難だからです。

契約はプログラムで書き込むため、バグが発生する可能性があります。また、そのバグが致命的なものだとハッカーからの攻撃対象になる可能性すらあるのです。

実際にそれは過去に起こっていて、The DAO事件などはそのバグが原因で起きた事件です。

The DAO事件の詳細はこちら。 

The DAOは、世界中から注目された超有名な人気ICOでしたが、システムの脆弱性を突かれ時価80億円程の資金を盗まれるという事件を起こしてしまいました。その事件の内容や今後への影響をコインパートナーが真剣に考察しました!
 

言語が一般的ではない

スマートコントラクトでの契約はプログラミング言語で組まれるため、一般の消費者がそれを理解できるかが問題です。

一般的な契約で使われるようになるには普通の言語をプログラミング言語にどうやって変えるかの問題が今後の課題であるとも言えます。

また、曖昧な内容や解釈をする免責事項などは定義が難しく書くことができません。

例えば、何か物を買うときに一番安いところから買うということは出来るかもしれませんが、そこはあまり製品の品質に信頼がないからもう少し値段が高くても他のところから買おう、と言ったことは契約で結ぶのは難しいのです。

そのため、今までの契約全てを置き換えることはできないでしょう。

スマートコントラクトの将来性・活用事例

スマートコントラクトはすでに多くの分野で利用され始めてきています。

これからいくつか事例を紹介しますが、今後スマートコントラクトの実用化がさらに進めば、世界規模での取引コストが大幅に削減されることになるでしょう。

それほどスマートコントラクトとブロックチェーンの組み合わせは相性が良く期待されています。

DApps(分散型アプリケーション)

DApps(分散型アプリケーション)とは管理者が存在しなくても稼働できるアプリケーションのことです。

もうお分かりの通り、これを可能にしているのはスマートコントラクトが使われているからです。

DAppsは特にイーサリアムチェーン上での開発が盛んなことで知られています。

マイクリプトヒーローズ

マイクリプトヒーローズ(MyCryptoHeroes/マイクリ)

マイクリプトヒーローズは、イーサリアム上で稼働しているブロックチェーンRPGゲームです。

ゲーム内のアイテムをトークンに変換できたり、アイテムやアバターがトークンでできているため、それを売却して利益にすることもできます。

純粋に一つのゲームとしても評判が良いので一度遊んでみてはいかがでしょうか。

大人気ブロックチェーンゲームのマイクリプトヒーローズ(MYCryptoHeroes) について紹介します!このゲームは、歴史上の人物でチームを組んでクエストを攻略するブロックチェーンゲームです。この記事では、そんなマイクリプトヒーローズについて始め方から遊び方・稼ぎ方まで徹底解説します!
 

Ujo music

Ujo music image

Ujo musicは、P2Pの音楽売買サービスです。

今の音楽業界は、レコード会社や小売店などたくさんの仲介業者が存在しているため、1000円のCDに対してアーティストもらえるお金は10円ほど、だと言われているほどアーティストに入る金額は少ないそうです。

また、CDを出してから収入を得るまでに1年ほどかかる場合もあるそうです。

しかし、スマートコントラクトを利用し、「1000円分のETHを支払い、楽曲◯◯をダウンロードする。そのうち900円はアーティストに送られ、残りはUjo musicに送られる。」という契約を結べば、アーティストは即座に、仲介業者がいる時よりも高い配当をもらえます。

 

Golem(ゴーレム)

Golem(ゴーレム) image

Golem(ゴーレム)は、P2Pネットワークで個人のPC同士をつなぐことで、個人のコンピューターリソースを世界中でシェアします。

そして、世界中のコンピューターの計算資源を借りることで、普通のPCでも、スーパーコンピューターに匹敵する計算スペックを持つPCにすることが目的です。

シェアリングエコノミーの考え方です。(シェア自転車などと同じ)

Golemについて詳しく知りたい人はこちらの記事をご覧ください。

Golemってどんな暗号資産(仮想通貨)?買い方は?パブリッククラウドコンピューティングの未来を担う、とてつもない将来性を秘めたICOコイン「Golem」の相場・仕組み・購入方法・保管方法をわかりやすく、徹底的に解説します!

 

storj(ストレージ)

storj(ストレージ) image

storj(ストレージ)は、分散型ストレージクラウドサービスです。

P2Pで、各ユーザーの余ったHDDを貸し出し、ファイルをブロックチェーンで保管します。

Dropboxの中央管理者がいない版とイメージすると分かりやすいかと思います。

storjについて詳しく知りたい人はこちらの記事をご覧ください。

STORJは分散型クラウドストレージネットワークの代表格であり、今後の発展が非常に期待されます!この記事では、まず分散型クラウドストレージの説明をし、既存のクラウドストレージサービスとどのように異なるのか、その仕組み・使い方を解説します!
 

Gnosis(ノーシス)

Gnosis(ノーシス) image

 

Gnosis(ノーシス)は、分散型予測市場と呼ばれるサービスです。

未来に起こることに対して予想をたて、当たっていたら配当がもらえ、間違っていたら掛け金が没収されるギャンブルのようなものです。

株価予想や、保険分野での応用が見込まれています。

Gnosisについて詳しく知りたい人はこちらの記事をご覧ください。 

Gnosisってちらっと聞いたことはあるけど情報少ないしイマイチどんな暗号資産(仮想通貨)かよくわからない。こんな人は必見!どんな仕組み?将来性は?価格は上がるの?多くの人が抱えるこれらの疑問を徹底解消します!!
 

DAO(分散型自動化組織)

DAOとは、管理者がいなくても自律的に動き続ける組織のことです。上で紹介したDAppsもDAOの一つと言えます。

スマートコントラクトがもっと精密に機能するならば、組織は必要ありません。もっと極論を言うと、予め決められたスマートコントラクトに基いて自動執行させれば、政府すら要らなくなるかもしれません。

しかし、スマートコントラクトに契約の流れを組み込むのは人間です。人間である以上、今後起こりうる全ての事態を想定してその対応を完璧に設定しておく、のには限界があります。

このため、スマートコントラクトによって組織を完全になくすことは出来ないでしょう。

ですが、予測可能性が高い分野はDAOで、低い分野は今まで通りの組織で、といった組織の効率化は可能かと思います。

 

IoTへの応用

IoT(Internet of Things) image

IoTとは、Internet of Thingsの略で、全てのモノがインターネットにつながっていて、自動操作や自動制御が出来る、という考え方のことです。

IoTにスマートコントラクトを応用することで、ガソリンを入れた分だけ車が自動でお金を払ったり、レンタカーを利用するときに車の前でスマホからお金を払えば、スマートコントラクトが稼働して車のドアが自動で開く、といったことが可能になるかもしれません。

スマートコントラクトを実装する仮想通貨

スマートコントラクトを搭載する
有名な暗号資産(仮想通貨)銘柄

  • イーサリアム(ETH)
  • EOS(イオス)
  • リスク(Lisk)
  • クアンタム(QTUM)

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)は、スマートコントラクトを実装していることで一番有名な暗号資産(仮想通貨)と言えるでよう。

イーサリアム自体は、先ほど紹介したDAppsを構築するためのプラットフォームとなることを目的としており、そのためにスマートコントラクトを書くことが出来る仕様になっています。

時価総額が二位であることからもその将来性の高さが分かります。

ETHを購入する
(Coincheck公式)

イーサリアムの詳しい解説はこちら。

イーサリアム(Ethereum、ETH)は、あのビットコインに次ぐ時価総額を持つ暗号資産(仮想通貨)です。決済手段ではなく「ワールドコンピューター」を目指すというイーサリアムの特徴や仕組み・将来性などをコインパートナーが徹底解説します!
 

EOS(イオス)

暗号資産(仮想通貨)EOS

EOS(イオス)は、イーサリアムに代わるDAppsプラットフォームになる可能性を秘めた暗号資産(仮想通貨)です。

基本的なシステムはイーサリアムと同じですが、取引手数料が無料であったり、トランザクションの処理速度が他の暗号資産(仮想通貨)の中でもトップクラスに速いことなど、イーサリアムに勝る特徴を持っています。

EOSを購入する
(Binance公式)

EOSの詳しい解説はこちら。

EOS(イオス)とは時価総額第8位を誇る暗号資産(仮想通貨)で、実はイーサリアムを凌ぐ機能性を持っているとも言われています!この記事では、EOSの何が凄いのか、その特徴やメリット・デメリット、買い方を解説していきます!
 

リスク(Lisk)

暗号資産(仮想通貨)リスク(lisk)

Lisk(リスク)にもスマートコントラクトが実装されていることは有名です。

リスクではJavaScriptというとても簡単なプログラミング言語でスマートコントラクトを書けるため、そこまで専門知識に詳しくなくても比較的容易にプログラムすることが可能です。

Liskを購入する
(Coincheck公式)

リスク(Lisk)の詳しい解説はこちら。

LISK(リスク)は、イーサリアムとよく比較されたり、国内取引所で取り扱いが開始されて知名度が上がっている暗号資産(仮想通貨)です。本記事では、LISKの特徴や今までのチャートの動き通して、将来性を徹底解説します!
 

クアンタム(QTUM)

クアンタム(QTUM)

クアンタム(QTUM)は、ビットコインの高セキュリティな残高表示システムと、イーサリアムのスマートコントラクトを合わせ持つ暗号資産(仮想通貨)として知られています。

スマートコントラクトをスマホやタブレットで実行もできるため、イーサリアムより性能が優れているとも言われています。

QTUMを購入する
(Coincheck公式)

クアンタムの詳しい解説はこちら。

ビットコインとイーサリアムの融合暗号資産(仮想通貨)だとICOで注目を浴びていた”Qtum”の実態とは?様々な技術を使って成長していく有望アルトコインQtumの特徴や将来性をコインパートナーが徹底的に分析しました!
 

スマートコントラクトまとめ

スマートコントラクトのまとめ

  • スマートコントラクトとは、自動で契約を執行できるシステムのこと
  • 取引のコストが大幅に削減できる
  • 高セキュリティがゆえに扱いがやや難しい
  • 将来性が抜群に高いため投資するのもおすすめ

契約というのは世の中に大量に溢れていて、その大部分をスマートコントラクトで書けるとなれば、将来性はとても高いと言えるでしょう。

今後、世界中にスマートコントラクトがさらに浸透したら、レンタカーショップや保険会社・不動産屋などは無くなり、全て自動で行われるようになるかもしれませんね。

スマートコントラクトの将来性に気づかれた方は、イーサリアム(ETH)を通じて投資してみると良いと思います。

イーサリアムに投資する
(Coincheck公式)

イーサリアムが最近人気だけど、購入方法が分からない...。そうお悩みの方のために、最短での購入方法や手順について徹底解説!最もおトクに売買できるおすすめ取引所も手数料やセキュリティを含めて紹介します。