「DMM Bitcoinに登録したけど、リップルの取引画面がなんかよくわからない....」

そうお悩みではありませんか?

話題のリップルを買ってみたいけど、操作画面が複雑だと嫌気がさしますよね。

そこでこの記事で、DMM Bitcoinでのリップル(XRP)の取引方法・手数料を徹底的に解説します!

これを読めば、DMM Bitcoinでのリップル取引でもう迷うことはなくなるでしょう。

リップルを取引するなら

DMM Bitcoinの
登録がまだの方はこちら

DMM Bitcoinとは

DMM Bitcoinとは、あの超有名企業DMM.comグループが運営する暗号資産(仮想通貨)取引所です。

「Bitcoinって名前だから、ビットコインしか取引できないんでしょ?」と思ったら大間違いです。

DMM Bitcoinではリップル(XRP)を含めた11種類の暗号資産(仮想通貨)に対応しています!

特筆すべきは、DMM Bitcoinではリップルのレバレッジ取引ができるという点です。

国内でリップルのレバレッジ取引ができる取引所は、ほんの数社しかありません。

大きな利益を出したい方は、DMM Bitcoinでリップルのレバレッジ取引を試してみましょう!

一攫千金狙うなら

DMM Bitcoin公式サイト

DMM Bitcoinがいいって聞くけど実際どうなのか気になっていませんか?DMM Bitcoinのメリット・デメリットをTwitterでみられる実際の評判とともに解説します!DMM Bitcoinがどんな人におススメなのか見てみましょう!
 

DMM Bitcoinでリップルを取引するまでの簡単3ステップ

それではDMM Bitcoinでリップルを取引していきましょう!

日本円とリップル(円建て)、ビットコインとリップル(BTC建て)のどちらかで取引ができます。

どちらも操作はほぼ変わらないので、今回は円建てでの操作方法を説明します!

レバレッジ取引といっても、現物取引とそこまで大きな違いはないので焦らずに見ていきましょう!

ステップ①DMM Bitcoinの口座を開設 

DMM Bitcoinの口座をまだ持っていないという方は、まず口座を開設しましょう!

取引をしたいときに口座を持っていないと、すぐに始めることができません!

大きなチャンスを逃す前に、今のうちに登録を済ませておくことを強くオススメします!

DMM Bitcoinの
口座開設はこちら

DMM Bitcoin公式サイト

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は、レバレッジ取引が有名な国内の暗号資産(仮想通貨)取引所です。この記事では、DMM Bitcoinの登録方法や2段階認証の設定方法を画像付きで詳しく解説しています。
 

 

ステップ②日本円を入金

DMM Bitcoinの口座の開設が済んだら、次は証拠金とするための日本円を入金してみましょう。

「マイページ」「入金・入庫」を押して下さい。

日本円入金(クイック入金)と、日本円入金(銀行振込)が出てきました。

「クイック入金」とは、今すぐ入金して取引をしたい人のための即時入金サービスです。

取引所としてもユーザに取引を活発に行なって欲しいので、24時間対応など、サービスも厚くなっています。

 

それぞれの特徴をまとめると、以下のようになります。

  用意するもの 手数料 反映時間
①クイック入金 ネットバンキング口座 完全無料
(*5000円以上から利用可能)
即時
②銀行振込 特になし 各金融機関の
振込手数料を負担
営業時間で2,3時間

大事な機会にすぐ入金できないと困るので、クイック入金がおすすめです!

 

ステップ③リップルを購入・売却

日本円の入金が済んだらいよいよリップルの売買ができます!

「マイページ」→「取引開始」を押して下さい。

 

下のように、難しそうな「取引画面」が開かれましたね。

緑の部分が円建てでのリップル取引欄で、今回使うのはここだけです!
(ちなみに、青の部分がビットコイン建てでの取引欄です。)

沢山数字がありますが、とりあえず「注文画面」に行って見ましょう。

緑枠内の矢印で差した所を押して下さい。

 

これが「注文画面」です。↓

まず、最低限の注文に必要な入力は、①・②・③・の4箇所です。

加えて、スリッページFIFO損切のオプションがあります。

①取引銘柄
現物取引とレバレッジ取引のどちらをやるのかと、取引銘柄を選択。

②注文タイプ
売買の順番や目的の異なる6種類の注文方法から、自分がしたいものを選択。
今回はDMM Bitcoinが今提示している価格で即時売買できる「ストリーミング」を選択します。

③数量
購入・売却したいリップルの量を選択。

④決済
設定した項目を受けて、購入・もしくは売却を実際に注文をする

 

<各項目の細かい説明・今触れなかった項目について知りたいという方はコチラ>

DMM Bitcoinは2018年1月にオープンし、今とても勢いのある暗号資産(仮想通貨)取引所です。この記事では、DMM Bitcoinの使い方を画像付きで丁寧に解説しています。初心者上級者問わず5分で基本操作をマスターしましょう!
 

 

チャート画面の見方

最後に、レバレッジ取引では特に重要となる、「チャート画面」を見てみましょう。

先ほどの注文画面の左にあるマークを押してみて下さい。

 

下のようなチャート画面が開かれました。

このチャートを使って、テクニカル分析を行うことができます。

 

以上の手順で、DMM Bitcoinでリップルのレバレッジ取引を始めることができます!

案外簡単だったのではないでしょうか?

忘れる前に始めよう!

DMM Bitcoinの登録はコチラ

 

テクニカル分析についてもっと教えてほしいんだけど....

そんな方は【コインパートナープレミアム】というサービスを使ってみてください!

 

コインパートナープレミアムは、暗号資産(仮想通貨)トレードを上達させるための無料オンラインサロンです!

 

  • ブルームバーグの投資コンテストで優勝した人
  • 月利300%を3ヶ月連続で達成した凄腕トレーダー

などが講師として一からトレードを教えています。

「トレードでもっと利益が出せるようになりたい!」という方はぜひ詳細をチェックしてみてください。↓↓

暗号資産(仮想通貨)投資は難しいと感じている方の悩みを解決するために、初心者のための「コインパートナープレミアム」というサービスを無料運営しています!
 

DMM Bitcoinのリップル取引手数料・スプレッド

リップル取引にかかる3つの手数料

  • 取引手数料
  • スプレッド
  • レバレッジ手数料

取引手数料は無料!

実はDMM Bitcoinでは取引手数料が一切かかりません。

国内でも手数料が安い取引所として有名です。

ただし、手数料無料とはいいつつ、何度売買をしても資産が減らないのか、というとそうではありません。

 

スプレッドは約0.5%

DMM Bitcoinは、DMM Bitcoinが定めた金額でしかユーザは購入・売却できません。

その際、手数料の代わりに、目に見えない手数料であるスプレッドを取られてしまいます。

 

下の画像をご覧ください。

レバレッジ取引における、1XRPの金額です。

ユーザから見たときに、売るときは35.005円をもらい、買うときは35.405円かかってしまいます。

この時の差額、0.4円(0.5%)がスプレッドです。

頻繁に取引する場合は、その度にスプレッドを取られてしまうので、注意が必要です。

暗号資産(仮想通貨)のスプレッドとは、買値と売値の差のことです。この差が広ければ、広いほど取引で損をすることになります!スプレッドは暗号資産(仮想通貨)販売所で大きく発生する傾向にあります。国内取引所を比較してスプレッドの狭いお得な取引所を紹介します!
 

レバレッジ手数料は0.04%/日

実はレバレッジ取引では、取引手数料とは別にレバレッジ手数料がかかります。

レバレッジ取引では差額決済を行うため、買った(つもりの)リップルは、売らなければいけません。

逆も然りです。

この際、買ったつもりのまま、もしくは売ったつもりのままの期間が生じます。

 

レバレッジ手数料は、その期間、金額に比例して、DMM Bitcoinに対して払う手数料です。

DMM Bitcoinでは1日あたり、保有金額×0.04%のレバレッジ手数料がかかります。

この手数料は毎回確認されて支払うわけではないので、気づいたら大きな金額になっていやすく注意する必要があります。

その性質上、レバレッジ取引は長期保有には向いていません。

暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引とは、暗号資産(仮想通貨)を用いた証拠金取引のことを言います。暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引はハイリスクハイリターンの取引方法です。この記事では、レバレッジ取引のメリット・デメリット、おすすめ取引所から儲けるポイントまで解説します!
 

DMM Bitcoinでリップルを取引する3つのメリット

DMM Bitcoinを使うべき3つのメリット

  • リップルのレバレッジ取引ができる
  • 手数料が安い
  • スマホ一台でリップルが取引できる

リップルのレバレッジ取引ができる

やはりリップルのレバレッジ取引ができるのは大きな魅力です!

現物取引よりも大きな利益を狙うことができるので、一攫千金を狙っている方と非常に相性が良い取引所だと思います。

 

手数料が安い

DMM Bitcoinの手数料は、他の取引所と比べても非常に安いと評判です。

  取引手数料 スプレッド レバレッジ手数料
DMM Bitcoin 無料 0.5% 0.04%/日
GMOコイン 無料 0.9% 0.04%/日

リップルのレバレッジ取引ができるGMOコインと比べるとDMMの方がスプレッドが狭いです。

スプレッドは変動しますが、少しでも無駄な費用がかからない方がよりたくさんの利益を出すことができます!

 

スマホ一台でリップルが取引できる

DMM Bitcoin アプリ

DMM Bitcoinはスマホアプリをリリースしています。

リップルの現物取引・レバレッジ取引もスマホ一台でできるので非常に便利です。

先にアカウントだけ作っておけば、あとはアプリでログインするだけで取引がスタートできます!

DMM Bitcoinの
アカウント作成はこちら

 

DMM Bitcoinでリップルを取引する際の注意点

2つの注意点

  1. リップルの板取引ができない
  2. レバレッジが4倍と低い

リップルの板取引ができない

板取引とは、ユーザー同士で売買をするシステムのことです。

DMM Bitcoinは基本的に、運営会社とユーザーが売買をする販売所形式となっています。

板取引はスプレッドが極小というメリットがあります。

つまり、板取引ができないということは、スプレッドが多くかかってしまうということです。

暗号資産(仮想通貨)取引の板とは暗号資産(仮想通貨)を売買する市場のことです。暗号資産(仮想通貨)取引所の板では過去の取引が記録されています。板には買い板と売り板があり、それぞれ売りたいとき、買いたいときに自分の希望に近い注文が出ているか確認することが可能です。
 

レバレッジが4倍と低い

DMM Bitcoinのレバレッジ倍率は4倍です。

海外取引所だとレバレッジ数十倍のところもざらにあるので、比べると低いことがわかります。

bybit(バイビット)という海外取引所では、リップルをレバレッジ50倍で取引できるので気になる方はチェックしてみてください!

bybit(バイビット)のリアルな評判を教えます!メリットだけではなく、デメリットも紹介しているので、良いところと悪いところの両方を理解した上で自分にあった取引所かどうかを見極めることができます!
 

DMM Bitcoinでのリップル購入 まとめ

DMM Bitcoinでのリップル取引方法についてよくわかりましたね。

DMM Bitcoinは、超大手企業ならではの手厚いサポートもあります。利用していて質問があったり、何かトラブルがある際には迅速に対応してくれます。

是非この機会にDMM Bitcoinでリップルを購入してみてください!

リップルのレバレッジ取引なら

DMM Bitcoinの登録はこちら

DMM Bitcoinがいいって聞くけど実際どうなのか気になっていませんか?DMM Bitcoinのメリット・デメリットをTwitterでみられる実際の評判とともに解説します!DMM Bitcoinがどんな人におススメなのか見てみましょう!