SBI VCトレードの取り扱い通貨を知りたい!

そう考えているのではないでしょうか?

この記事では、SBI VCトレードの取り扱い通貨全3種類の特徴と将来性を紹介していきます。

これを読めばSBI VCトレードの取り扱い通貨のことを誰よりも詳しく知ることができるでしょう。

SBI VCトレードの取り扱い通貨は3種類!

    • エックスアールピー(XRP・通称リップル)
      →国際送金の分野での活躍が期待される暗号資産(仮想通貨)
    • ビットコイン(BTC)
      →知名度が極めて高い世界初の暗号資産(仮想通貨)
    • イーサリアム(ETH)
      →ビジネス業界での活躍が期待されている暗号資産(仮想通貨)
*記事内に表示される「エックスアールピー(XRP)」は通称リップルと言われています。

SBI VCトレードとは

SBI VC トレードは、SBIグループが運営している暗号資産(仮想通貨)取引所です。

元々はSBIバーチャル・カレンシーズという名前でしたが、2019年7月に社名が変更され、現在の「SBI VC トレード」になりました。

SBIホールディングスといえば、インターネット証券最大手のSBI証券や、ネットバンクで有名な住信SBIネット銀行​の会社です。

SBI証券のノウハウや膨大な数の顧客を持っていることから、SBI VC トレードは大変注目されています。

【会社概要】

商号 SBI VC トレード株式会社
設立 2016年11月11日
事業内容 暗号資産(仮想通貨)の交換・取引サービス
システムの提供
暗号資産(仮想通貨)交換業
登録番号
関東財務局長
第00005号
所在地 〒106-0032 東京都港区
六本木3-1-1六本木ティーキューブ
資本金 19億8000万円
(資本準備金を含む)
株主 SBIグループ100%

SBI VCトレードの取り扱い通貨は3種類

  販売所 取引所
エックスアールピー(XRP)
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)

SBI VCトレードはエックスアールピー、ビットコイン、イーサリアムの3種類の通貨を取り扱っています。

SBI VCトレードは販売所形式の取引にのみ対応しています。

販売所形式は取引所形式と比べて操作が簡単であるため、これから暗号資産(仮想通貨)投資を始める初心者の方にはうってつけの取引所です!

SBI VCトレードの公式サイトへ

販売所と取引所の違いはこちらの記事をご覧ください。

暗号資産(仮想通貨)の取引所と販売所は厳密には異なるものです。この記事では、取引所と販売所の大きな違いを解説した後に、それぞれの特徴を整理して、どちらを使うべきかまで解説します。また、おすすめの取引所と販売所も解説します。
 

エックスアールピー(XRP・通称:リップル)の特徴と将来性

エックスアールピー(XRP)の特徴

通貨名(通貨単位) Ripple(XRP)
公開日 2013年9月26日
発行上限枚数 1000億XRP
公式サイト https://ripple.com

エックスアールピー(XRP)は暗号資産(仮想通貨)の中でもかなり珍しい、ブロックチェーンが使われていない通貨です。

発行団体であるリップル社(Ripple inc.)が、現在もリップルのネットワークを運営しているため、中央集権的な通貨であると言えます。

リップル(XRP)の送金には、リップル社が認めた特定の企業(バリデータ)が承認作業を行なっているため、他の暗号資産(仮想通貨)と比べて圧倒的に速い送金速度を実現しています。

リップルを買ってみたはいいけど、どんな暗号資産(仮想通貨)なのかよく分かってないなんてことはありませんか?リップラーと呼ばれる方も数多くいるほどの人気を誇り、あのグーグルも出資されています。いま世界でもっとも注目されている暗号資産(仮想通貨)をあらゆる面から解説!
 

リップルの将来性

SBIグループは暗号資産(仮想通貨)エックスアールピーの普及に力を入れており、リップル社と共同で「SBI Ripple Asia」という会社を設立しています。

SBI Ripple Asiaはリップルのネットワークをアジア圏で普及させ、国内外への送金スピードアップとコストを削減することを目的に設立されました。

暗号資産(仮想通貨)に限らず、株式・証券・お店のポイントなどあらゆる価値を持つ資産を瞬時に移動させる「価値のインターネット」の実現を目指しています。

数ある暗号資産(仮想通貨)の中でもリップルは国際送金で活躍する可能性が極めて高く、将来性が高い暗号資産(仮想通貨)であると言えます!

SBI VCトレードでリップルを購入する!

リップルは2019年最も成長の期待される暗号資産(仮想通貨)のひとつです。なぜなら、リップルに関連するイベントやプロジェクトが一気に動き出すからです。今回はコインパートナーがリップルの今後とjavascript:void(null);将来性について解説しま
 

ビットコイン(BTC)の特徴と将来性

ビットコインの特徴

通貨名(通貨単位) Bitcoin(BTC)
公開日 2009年1月
発行上限枚数 2100万BTC
公式サイト https://bitcoin.org/j

ビットコインとは2009年に謎の人物または組織であるサトシ・ナカモトが発表した世界初の暗号資産(仮想通貨)です。

2000種類以上ある暗号資産(仮想通貨)の中で時価総額1位を誇っており、「暗号資産(仮想通貨)といえばビットコイン」と言われているほど有名です。

近年話題のブロックチェーン技術はこのビットコイン一緒に誕生しました。

ビットコインとは今世界で大ブームを引き起こしている暗号資産(仮想通貨)です。仕組みがわからずなんとなく怖いと思い手を出せていないあなたは得するチャンスを逃しているかも!ビットコインの仕組みや人気の理由を初心者向けに図とともに10分で解説します!
 

ビットコインの将来性

暗号資産(仮想通貨)についてよく知らない人たちでもビットコインの名前は聞いたことがあるという人が多くいるように、ビットコインの知名度は極めて高いです。

これから暗号資産(仮想通貨)を導入する企業が現れたときに、ビットコインをまず利用しようとする可能性は高いと言えます。

ビットコインは世界共通の通貨になる可能性を秘めた将来性の高い暗号資産(仮想通貨)です!

SBI VCトレードでビットコインを購入する!

ビットコインは今後どうなるか気になりますよね?この記事では、ビットコインの将来性が高い理由や、過去の価格暴落・高騰の歴史、今後を左右する要因、さらには著名人のビットコインの価格予想まで解説しています!
 

イーサリアム(ETH)の特徴と将来性

イーサリアムの特徴

通貨名(通貨単位) Ethereum(ETH)
公開日 2015年7月30日
発行上限枚数 91,786,546ETH
公式サイト https://www.ethereu

イーサリアム(ETH)は時価総額2位の暗号資産(仮想通貨)でビットコインに次ぐ人気を誇っています。

イーサリアムは自動で動くアプリケーションを作るためのプラットフォーム型の暗号資産(仮想通貨)です。

取引を自動化するためのシステムであるスマートコントラクトを組み込めることが最大の特徴と言えます。

スマートコントラクトの解説はこちら

イーサリアム(Ethereum、ETH)は、あのビットコインに次ぐ時価総額を持つ暗号資産(仮想通貨)です。決済手段ではなく「ワールドコンピューター」を目指すというイーサリアムの仕組みや将来性、今後、チャートなどをコインパートナーが徹底解説します!
 

イーサリアムの将来性

スマートコントラクトを組み込むことで、運営者の存在しないアプリケーションDappsを構築することができ、世界中で開発が進められています。

その他にも、イーサリアムはビジネス業界で特に注目されており、物流や不動産分野での取引コストを大幅に削減するポテンシャルを秘めています。

イーサリアムを利用したシステムが今後さらに増加してけば、イーサリアムの需要が高まり、価格の上昇にも繋がることが予想されます!

SBI VCトレードでイーサリアムを購入する!

イーサリアムは2019年コインパートナーが最も注目、期待をしている通貨です。将来性は豊富で、今後の社会において活躍する場面は多いでしょう。そんなイーサリアムの今後の価格予想を紹介するとともに価格上昇の可能性があるイベントを説明します!
 

SBIホールディングスが発行するSコインとは

SBIホールディングスは2018年8月、独自の決済用コインである「Sコイン」の実装実験の開始を発表しました。

暗号資産(仮想通貨)や企業が発行するトークンなど、様々な通貨を発行できるプラットフォーム「Sコインプラットフォーム」内で決済に使うことができるのがSコインです。

実証実験が発表されてから目立った報道はありませんが、現在もSコインの開発は進められています。

Sコインを発行する目的は、

いつでも・どこでも安心して利用できる日常通貨
決済コストの大幅な低減
決済していることを意識させないフリクションレスペイメント​

とされています。

Sコインが発行されればSBI VCトレードで取り扱われる可能性が高いと言えるでしょう。

SBI VCトレードに登録してみる!

Sコインについてさらに詳しく知りたい方はこちら!

国内の暗号資産(仮想通貨)界を度々賑わせるSBIホールディングス、そしてSBIが保有するリップル社株。どんな関連性があるのか?7月8月そして現在、今後の動きはいかに?北尾さんの企みは?果てはSコインやコンソーシアムまで、関係性を徹底解明!
 

SBI VCトレード取り扱い通貨のまとめ

今回はSBI VCトレードで取り扱っている暗号資産(仮想通貨)について解説してきました。

取り扱い通貨数は少なめですが、3つとも将来性が非常に高い暗号資産(仮想通貨)です。

特に、これから暗号資産(仮想通貨)投資を始める初心者の方は、ぜひSBI VCトレードを利用してみるのがいいと思います!

SBI VCトレードに登録してみる!

SBI VCトレードの
会社概要
 
会社名  SBI VCトレード株式会社
所在地

〒106-0032
東京都港区六本木
3-1-1六本木ティーキューブ

資本金

 19億円8,000万円
(資本準備金を含む)

暗号資産(仮想通貨)交換業
登録番号

関東財務局長
第00005号

加入協会

 一般社団法人
日本暗号資産(仮想通貨)交換業協会
(会員番号1005)

事業内容

暗号資産(仮想通貨)の交換
取引サービス
システムの提供

設立 2016年11月1日