ライトコインはビットコインを改良して作られたアルトコイン
ライトコインは、送金速度が早く決済も素早く行うことができます。

とはいえ、「ライトコインは今後どうなるの?」「価格は上がっていくの?」という疑問をお持ちではありませんか?

そこで、ライトコインの今後についてのお悩みを、暗号資産(仮想通貨)の専門家コインパートナー が解決します。

具体的には

  • ライトコインの価格とチャートを見ながら今後の動きを分析
  • ライトコインの今後は高確率で明るいと言える将来性
  • ライトコインの購入にオススメの取引所3選

の順番にご紹介していきます。

3分で読めますし、ライトコインの今後についての疑問が劇的に改善される可能性が高いので、まずはご一読を!

ライトコイン(LTC)とは? 

ライトコインってどんな通貨?

【ビットコインとライトコインの基本情報】

  ビットコイン ライトコイン
発行上限 2100万枚 8400万枚
ブロックサイズ 1MB 1MB
アルゴリズム SHA-256 Scrypt
時価総額(2020年11月8日) 29兆6637億円(1位) 4145億円(8位)
承認速度 10分 2.5分

ライトコイン2011年にビットコインをオープンソースとして作られ、元Google開発者のCharlie Lee氏によって発表されました。
もっとも古く、一番歴史の長いアルトコインの一つです。

ビットコインは、お店などで決済を行うとき、10分もの承認時間がかかってしまうということが問題で挙げられていました。
そこで、ライトコインは決済を早く行うことができるように改良されたコインです。

ライトコインを今すぐ購入したい方はこちら

仮装通貨ライトコインの特徴を
ざっくりまとめると…

  • 流通量が多い
  • 送金時間が速い
  • ライトコイン(LTC)を管理する団体や組織が存在しない
  • 2019年8月に半減期を迎えた

ライトコイン以外にも今後の将来性が期待できる通貨を知りたい方は「仮想通貨おすすめランキング2021年完全版|500銘柄を徹底考察し選んでみた」をご覧ください!

特徴1.流通量が多い

ライトコインの発行上限はビットコインの4倍

ライトコインの発行上限は8400万枚と、ビットコインの発行上限の4倍になっています。

これは、ビットコインが希少性の高い金、ライトコインは希少性は低いが流通量の多い銀という関係であると言えます。

そのため、1BTCあたりの値段が安く買いやすいです!

特徴2.送金時間が速い

ライトコイン 送金時間

ライトコインの承認時間は2.5分と、ビットコインの承認時間の1/4となっています。

承認時間が短いということは、ブロックの生成時間が短いということです。

これによって、取引を早く行うことができます。

ライトコインの送金時間について詳しく知りたい方はこちらの記事もチェック!↓

特徴3.ライトコイン(LTC)を管理する団体や組織が存在しない

ライトコイン 特徴

ライトコイン(LTC)はビットコイン(BTC)などと同様マイニングによって新規発行が管理されている非中央集権的な暗号資産(仮想通貨)と言えます。

ですが、ライトコインの開発やマーケティングに関しては「ライトコイン財団」が主に行なっており、実質的な実権を握っていると言われています。

特徴4.2019年8月に半減期を迎えた

ライトコイン 半減期

ライトコインは2019年8月5日に半減期を迎えました。
マイニング報酬として新規発行される量が25LTCから12.5LTCへと半減しました。

半減期を迎えると、供給量がすくなり、価格が上昇すると言われています。
ライトコインは半減期を迎えた8月5日、価格が急上昇しました。

ライトコインの次の半減期は2023年ごろに来るそうです。

ライトコインの購入方法について知りたい方はこちらの記事もチェック!↓

ライトコイン(LTC)の今後は?将来性はあるの?

ライトコインの将来性

ここでは、ライトコインがこれから伸びるコインなのか、将来性について解説していきます!

仮想通貨ライトコインの将来性
をざっくりまとめると…

  • 送金サービスに多く導入されている
  • 送金手段として優秀
  • 開発コミュニティが強い
  • 大手企業と連携に積極的

仮想通貨全体の今後が気になる方は「仮想通貨は今後どうなる?価格予想・おすすめ通貨・注目ポイントを詳しく紹介!」をチェックしてください!

ライトコイン(LTC)の将来性1.決済サービスに多く導入されている

決済サービスに導入されている

2018年2月28日に、LitePay(ライトペイ)という暗号資産(仮想通貨)版のデビットカードサービスが始まりました

このサービスは、ビットコイン決済サービスのBitPayと同じ仕組みです。

商品をライトコインで買ったり、銀行口座に送金したりするサービスを受けることができます!

※2018年3月26日に過剰な宣伝後、約束が守れなかったため一度運営中止になっています。

他にも、PayPalの暗号資産(仮想通貨)verであるLitePal(ライトパル)など様々な決済サービスに導入されています。

ライトコイン(LTC)の将来性2.送金手段としても優秀 

ライトコインの送金が安くて早い

ビットコインは取引が多くトランザクションが混雑し、マイナー手数料も高いので送金にはあまり向いていません。

ライトコインであれば比較的手数料が安く抑えられるのでビットコインに替わるものとしては優秀です。

しかも、送金スピードが速いので送金にとてもおすすめの通貨です!

ライトコイン(LTC)の将来性3.開発コミュニティが強い 

ライトコインの開発コミュニティが活発

ライトコインといえば、チャーリー氏が有名です。

チャーリーさんのツイッターはこちら↓

これだけではなく、開発コミュニティが非常に活発です!

そのため、開発だけでなく、問題が起こった時の解決スピードも速いのが特徴です。

Segwitの実装が速かったのも開発チームの強さによる影響が大きいと考えられます。

ライトコイン(LTC)の将来性4.大手企業と提携に積極的

大手企業と提携

ライトコインの開発チームは、大手企業との提携に積極的です!

ゲーム配信会社のSteamと提携し、Steam内でのライトコインでの決済が可能になりました。

ネガティブトークンを開発するトークンペイとの提携をし、新たな金融機関としての役割も果たしつつあります。

ライトコインを今すぐ購入したい方はこちら

ライトコイン(LTC)の価格とチャート分析

ライトコイン 価格とチャート分析

ライトコインはこれまで乱高下を繰り返しています。

ここでは大きな値動きのファンダメンタル的な面と、最近のチャートを分析し、これから長期保有などをする場合の買いや売りのポイントを具体的に解説します。

2013年5月〜2017年3月

ライトコイン チャート

ライトコインはまだ暗号資産(仮想通貨)自体の知名度がなかった2013年の年末に3ドル程度から55ドル台まで急騰しています。

これには、ギプロスの金融危機が関係しています。

ギプロスの経済圏の人々の資産の移し先としてビットコインやライトコインが選ばれたためです。

2015年8月26日に一時的に価格が高くなったのはブロック半減期であることが原因と考えられます。

2017年4月〜2018年4月

ライトコイン チャート

2017年4月にSegwitが導入されたことにより買いが多く発生し、大きく高騰しました。

特に2017年12月16日には暗号資産(仮想通貨)相場全体の異常なまでの盛り上がりと大手ゲーム会社のsteamが現行のビットコイン決済を止めてライトコイン決済を導入すると言うニュース(実際にはこれは誤り)が流れ、買いが発生しました。

その後の12月19日のタイミングで最高値となった370ドルをつけています。

 Segwitについてもっと知りたい方はこちらの記事もチェック!↓

2018年5月〜2019年3月

ライトコイン チャート

2018年5月からたまに価格が上がっているものの、全体的に見たら価格が下がっています。

2019年1月頃が底値をマークしています。

この時期は、暗号資産(仮想通貨)市場が全体的に冷え込んでおり、ライトコインもその影響を受けていました。

年を超えてからは、緩やかながら値段を回復させているようにも見えます。

2019年4月〜現在(8月5日に半減期) 

仮想通貨ライトコインのチャート

2019年4月に入ってからは、暗号資産(仮想通貨)市場が盛り上がりをみせ、ライトコインも値段を急上昇させています。

6月の半ばには140ドルまで回復させていますが、その後価格を落としています。

8月5日に半減期を迎えましたが、大局的に見るとさほど影響を与えていないように見えます。

2020年11月現在の価格は、5,000〜7,500円を推移しています。

ライトコイン(LTC)購入におすすめの取引所3選!

仮想通貨ライトコイン購入にオススメの取引所

  • Coincheck:スマホアプリが使いやすい
  • bitFlyer:運営会社の信頼性が抜群
  • GMOコイン:初心者にオススメ!

Coincheck:スマホアプリが使いやすい!

コインチェックのバナー

Coincheckのおすすめポイント

  • スマホアプリが使いやすい
  • 取扱い通過数が国内最多

Coincheckは、マネックスグループが運営する暗号資産(仮想通貨)取引所です。

スマホアプリが使いやすいと評判で、暗号資産(仮想通貨)系アプリの中ではダウンロード数No.1を誇っています。

また、取扱い通過数が国内取引所では最多なため、他の通過が欲しくなった場合にも対応できます!

ダウンロード数No.1

bitFlyer:運営会社の信頼性が抜群

ビットフライヤーロゴ

bitFlyerのおすすめポイント

  • 運営会社の信頼度が抜群
  • 多くの大企業が株主
  • スマホアプリが使いやすい

bitFlyerは、三井住友銀行やみずほキャンピタルなど多くの大企業を株主に持つ取引所です。

信頼性の高さ、操作画面の見やすさに定評があります。 

ライトコインは販売所のみの取り扱いなので、初心者でも簡単に取引を始めることができます。

信頼性が抜群

GMOコイン:初心者におすすめ

GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント

  • 基本手数料が全て無料
  • アプリで現物もFXも取引できる
  • 信頼性が高い

GMOコインは、大手のGMOインターネットグループが運営する国内最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所です。

セキュリティ・サーバーは国内最高水準で、信頼性は抜群です!

GMOコインでは基本手数料が全て無料でお得に取引をすることができます!

また、GMOコインのスマホアプリではウォレット兼現物取引、以外にも「ビットレ君」という暗号資産(仮想通貨)FX専用アプリがあります。これら2つのアプリはとても使いやすく評判です!

初心者にオススメ

GMOコインの評判について知りたい方はこちらの記事をチェック!↓

仮想通貨ライトコイン(LTC)に関するQ&A

仮想通貨ライトコイン(LTC)の特徴は?

①流通量の多さ②送金時間が速い③非中央集権的な運営などが挙げられます

ライトコインはビットコインを改良して作られた通貨で、決済を早くできます。

仮想通貨ライトコイン(LTC)のオススメの取引所は?

Coincheckは初心者でも簡単に取引できます

200万人以上のユーザー数を誇る人気の高い取引所です。
販売所でライトコインを購入することができ、スマホアプリで簡単に取引ができます。

仮想通貨ライトコイン(LTC)の今後まとめ

今回は

  • ライトコインの価格とチャート
  • ライトコインの今後と将来性
  • ライトコインの購入にオススメの取引所

の順にご紹介してきました。

これでライトコインの今後・将来性を予想できたのではないでしょうか?

時価総額が常に上位にあるライトコインは、今後も期待できる通貨の一つと言えるでしょう。
ぜひこの機会に購入してみてください!