仮想通貨BitDAO(ビットダオ)とは?将来性や詳しい購入タイミングを解説!


あなたにぴったりな暗号資産(仮想通貨)取引所

BitDAOの価格ってどこまで上昇するの?

あなたは今、このような悩みを抱えていませんか?

最近話題のBitDAO、どのタイミングで買うべきか迷いますよね。

本記事では仮想通貨BitDAO/BITの基本的な概要や、将来的な価格予想まで分かりやすく解説していきます!

全て読み終わる頃には、BitDAOの売買タイミングなどがわかるようになっているでしょう。

仮想通貨BitDAO(ビットダオ)とは?概要・基本情報まとめ

[出典:BitDAO]

正式名称 BitDAO(ビットダオ)
通貨シンボル BIT
時価総額ランキング 209位(2021年11月時点)
Twitterフォロワー数 2万人
発行上限
10,000,000,000
購入可能な取引所 bybit
公式ホームページ bitdao.io

管理者の存在しないプロジェクト

BitDAOは、DeFi(分散型金融)NFTなどの分散型テクノロジー開発へ助成金を配布するDAO(自律型分散組織)です。

DAO(自律型分散組織)とは、管理者が存在せずコミュニティだけで機能するプロジェクトの名称であり、経営陣や従業員などは存在しません。

どのプロジェクトへ助成金を配布するかなどは、BITトークン所有者の提案と投票によって決定されます。

→BitDAOホワイトペーパー

中央集権的な金融制度脱却を目指す

BitDAOのビジョンは「DeFiの技術で透明化された金融システムを構築すること」です。

既存の中央集権的な金融から脱却し、権利を全て個人の元へと戻す分散型金融の発展を目指します。

DeFiプロジェクトへ助成金を提供

BitDAOのターゲット市場としては、初期の流動性を必要とするDeFiプロジェクトだと考えられます。

集めた資金は提携するDeFiプロジェクトへと提供され、BitDAOは対価としてトークンを獲得する仕組みです。

ピーターティールも出資・大手取引所bybit主導のプロジェクト

[出典:BitDAO]

開発は世界最大級の仮想通貨取引所「bybit」主導にて行われ、年間8~10億ドル程度の資金がDAOに提供されます。

プライベートセールでは、ピータティール、パンテラキャピタル、Sushiswapなど20以上のパートナーから、総額2億ドル以上の資金調達を成功させました。

しかし、トークン保有者によって方向性が決定づけられるBitDAOですが、現在トークン全体の60%はbybitによって保有されています。
BitDAOは「企業が主導するDAO」という一見矛盾したプロジェクトとも言えるでしょう。

しかし、企業がDAOを組成し、外部からの投資を受けやすくするという流れは、2022年以降に仮想通貨業界の中で浸透していくことが予測されます。

仮想通貨BITを発行

前述した通り、BitDAOは独自の仮想通貨BIT所有者によって管理されるプロジェクトです。

BITトークン保有者は誰でもパートナーシップとアップグレードを提案でき、BITトークン保有者はこれらの提案を承認するか拒否するかについて投票します。

また、BITトークンはイーサリアム上に構築されたERC-20規格のトークンであり、総供給量は100億BITと定められています。

仮想通貨BitDAO(ビットダオ)の競合比較

既存産業との比較

既存産業の比較対象としては、「金融系ベンチャーキャピタル」が挙げられるでしょう。

高い成長度が期待される新興企業などへ出資を行うという点は共通しています。

しかし、現存するベンチャーキャピタルのほとんどは銀行、証券会社などの大手金融機関などによって運営されており、意思決定は管理者に委ねられます。

その点、BitDAOを含めた全てのDAOは、全く新しい金融の礎を築いているといえるでしょう。

競合プロジェクトとの比較

競合プロジェクトとしては、BitDAOと同じくDeFiへの助成金提供を目的として誕生した「DeFi Alliance Fund」が挙げられるでしょう。

DeFi Alliance Fundは2021年2月にシカゴで発足したばかりのDeFiファンドであり、0xdYdXKyber NetworkSynthetixなど60を超える一流DeFiプロジェクトなどによって構成されています。

同ファンドへの資金提供者には、上記プロジェクトの創業者や米実業家であるマーク・キューバン氏などが協力しており、「2025年までにDeFiユーザー10億人」を目標に活動を開始して以降、DeFiファンドの大本命として注目されてきました。

しかし、より新たに誕生したBitDAOの方が、ローンチ時点での管理資金が遥かに多く、ガバナンストークンも発行しています。DeFi Alliance Fundはガバナンストークンを発行しておらず、意思決定は中央集権的と言えるでしょう。

他DAOプロジェクトとの比較

仮想通貨業界ではすでに数多くのDAOが発足しており、その中でも最も影響力を持つのは「MakerDAO」だと言われています。

MakerDAOもBitDAOと同じく、自律分散型の組織によって運営されており、既存の金融サービスに取って代わることを目標としています。

その中でもMakerDAOは、独自トークンを発行、トークンによる資金調達やガバナンス制度を行なった最初のDAOとしてDeFiエコシステムを牽引してきました。

それ以外にも、MakerDAOは仮想通貨を担保にした米ドル連携型ステーブルコインDAIの発行なども行なっており、現在提供されているサービスの質においてはBitDAOを凌駕します。

まだできて間もないBitDAOが、今後どのようなアプローチをとって発展を続けるのか注目しましょう。

仮想通貨BitDAO(ビットダオ)の将来性・テクニカル分析

BIT(BitDAO)は2021年10月半ば、大手取引所「bybit」にて上場を果たすと、安値を切り上げながら短期での上昇トレンドを展開。
11月に入っても勢いは留まることを知らず、最高値の2.91ドルを記録。現在も最高値付近での価格推移を続けています。

この価格上昇速度は、仮想通貨相場で頻繁に発生するアルトコイン上場直後の価格高騰より若干緩やかで、急激な価格下落は考えられにくいです。

しかし、現在のBIT価格上昇にはbybitが行なったBIT無料配布の影響が少なからず関係しており、現在行われているエアドロップが終了し次第、BITの真価が問われるでしょう。

仮想通貨BitDAO(ビットダオ)の価格はまだ上昇するのか

アルトコインが取引所上場時の無料配布などを行った際、大体が一過性の価格乱高下を見せたあと、上場時価格での価格推移に落ち着く傾向があります。

無料配布によってユーザーの手に渡ったアルトコインは、基本的にすぐ売りに出されるはずですが、BITトークンは上場後2ヶ月の現在でも価格上昇を継続しています。

この現象は、BITを受け取ったユーザーの多くが「BIT価格はまだまだ上昇する」と考えるからこそ発生します。

上記の理由により、BitDAOは今後も世界最大の取引所「bybit」が徹底的に支援するプロジェクトとして、価格を上昇せることが予想されます。

そんな中「BitDAOを安い時に買ってみたいけど、正確なタイミングが知りたいな」という読者も多いと思います。

コインパートナーでは、一週間に2~3回ほど、BitDAOなどのアルトコイントレード戦略配信を行なっており、損切り利確タイミングなどが5分ほどで判断できます。

ぜひ仮想通貨トレードの参考にして見てください!

仮想通貨BitDAO(ビットダオ) まとめ

BitDAOのまとめ

  • BitDAOはDeFiの発展に貢献する
  • トークン所有者が意思決定を行う
  • bybit主導で今後の将来性は高い

いかがでしたしょうか、以上がBitDAOの価格予想、将来性などの解説になります。

世界最大の取引所「bybit」の後押しもあり、価格上昇を継続させているBITトークン。DeFiの支援を行う分散型ファンドのような形で発足した同プロジェクトですが、将来的により多くのユーザーをDeFi市場へと参入することが期待されます。

今後もどこまで価格上昇するのでしょうか。BitDAOの動向に注目です。

↓bybitでBITを購入する↓

 

(ここに記載された見解は著者のものであり、必ずしもコインパートナーの見解を反映するものではありません。すべての投資にはリスクが伴うため、意思決定の際には独自に調査を実施する必要があります。)