この記事ではビットフライヤーから他の取引所やウォレットに仮想通貨を送金する方法について解説します!

ビットフライヤーについて詳しくはコインオタクのこちらの記事を参考にしてください。

ビットフライヤーから送金しよう

送金できる仮想通貨

ビットコイン(BTC)

イーサリアム(ETH)

イーサリアムクラシック(ETC)

ライトコイン(LTC)

ビットコインキャッシュ(BCH)

モナコイン(MONA)

リスク(LSK)

上記のビットフライヤーの取り扱い通貨はすべて送金できます。

bitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコイン取引高日本一で人気の仮想通貨取引所です。そんなbitFlyerの取り扱い通貨を紹介し、それぞれの特徴や将来性を詳しく解説しています。
 

送金手数料

送金する通貨によって手数料が変わります。送る通貨の相場によって日本円換算の手数料は変わってくるので注意しましょう。

ビットコイン 0.0004BTC
イーサリアム 0.005ETH
イーサリアムクラシック 0.005ETC
ライトコイン 0.001LTC
ビットコインキャッシュ 0.0002BCH
モナコイン  無料
リスク 0.1LSK

送金にかかる時間

そのときの混み具合によって変わるので、一概には言えません。

また送金先の取引所によっても反映に時間がかかる場合があります。

どうしても早く送りたい場合は、ライトコインなどの送金が早い通貨を使いましょう。

ビットフライヤーからの送金手順

ここからは、実際に送金を行う手順を紹介します。

以下はビットコインの送り方ですが、他の通貨もやり方はほとんど同じです。

送金画面へ

まずは「入出金」から「BTCご送付」を選択します。

初めてのアドレスに送るときはラベルと一緒に登録しましょう。

ラベルというのは名前みたいなものです。そのアドレスがどこの取引所(ウォレット)なのかわかるように名前をつけておきましょう。

「送付数量」に送りたい数量を入力すると、手数料を含めた合計が表示されます。

「優先度」を変更すると手数料が少し高くなりますが、その分早く着金するようになります。

最後にアドレスと数量に間違いがないかをよく確認して、「ビットコインを外部アドレスに送付する」をクリックすれば完了です。

 

送金ミスは致命的!その他注意点

送金ミスとは、コインの送金先のアドレスを打ち間違えたりイーサリアムを受け取るアドレスにビットコインを送りつけたりしてしまうことです。

送金が上手く完了しないどころか、送金したコインが返ってこなくなってしまうことなります

仮想通貨の送金には細心の注意を払いましょう

万が一間違えてしまった場合はビットフライヤーのサポートに連絡してください。

送金の反映に時間がかかって遅い場合

ビットフライヤーの機能でも手数料を支払うことで優先的に送金できますが、似たサービスで追加料金を払うとビットコインを優先的に送金してもらえるようにするものがあるので、ここで紹介します。

*使用は自己責任でお願いします!

トランザクションアクセラレータ

・ViaBTC の「Transaction Accelerator

基本的に無料で送金(トランザクションを次のブロックの先頭に追加)を行ってくれるようです(既に0.0001BTC/KBの手数料を払っていることが条件)。有料サービスもあるそうです。

・ConfirmTXの「Bitcoin Transaction Accelerator

250バイト未満のトランザクションは無料で、それ以上の大きさのものは5USD相当の支払いで、4時間以内に送金してもらえます。

これが使いやすいと感じました。BCH建てで600円ほど(送金手数料含む)を支払ったところ、1時間ほどで反映されました。

・BTC.comの「Transaction Accelerator

基本有料のサービスです。価格は送金量等によって異なります。1時間以内に送金が行われる確率は75%、4時間以内だと98%です。

 

*使い方(共通)

トランザクションIDを入力欄に貼り付け、必要に応じて仮想通貨で支払いを行います。この際、サービス提供会社の口座に新たに送金することになるので、基本料金に加えて送金手数料が必要です

さらに、支払いに選ぶ通貨によってはさらに時間がかかってしまうことになるので、選択肢が与えられている場合は、送金しやすい通貨を選ぶのが良いでしょう。

 

*トランザクションIDの調べ方

トランザクションID (TXID) は、ビットフライヤーログイン後、左側のメニューから「お取引レポート」を選ぶとTXIDが表示された取引一覧が見られます。

 

*トランザクションサイズの調べ方

トランザクションIDが分かったら、blockchain.comのサイトで、上部の検索バーにIDを貼り付けて検索します。個別のトランザクションの詳細情報にアクセスできるので、サイズが書かれたところを見つけます。

ビットフライヤーからの送金Q&A

スマホアプリからも送金できる?

アプリからも送金できます。

スマホアプリからは、最初の画面右上の「QRコード」を選び、送金先のアドレスのQRコードを読み込み、金額を入力するだけで送金できます。

手軽にできるので、スマホからの送金もおすすめです!

ウェブでの取引に使いずらさを感じたことはありませんか?今回は日本最大の取引所『ビットフライヤー』のアプリ機能や使い方を紹介します。この記事を読めば取引パフォーマンスを上げられること間違いなし!
 

ずっと承認待ちで反映されない

送金がずっと承認待ちで、半日や1日経っても着金しないことがたまにあるようです。

自分の送金がどうなっているかはトランザクションを調べればわかります。送金履歴を見るとトランザクションIDがわかるので、ChainFlyerにコピペしてみましょう。

いつまで経っても処理中であれば、この記事で紹介したようなサービスを使って高速化を図るか、いくら待ってもダメな場合はビットフライヤーのサポートに連絡しましょう。

 

ビットフライヤー送金 まとめ

ビットフライヤーから送金する方法をご紹介しました。

仮想通貨の性質上、送金はおそらく一番トラブルが起きやすいところなので、アドレスや送る通貨に間違いがないかしっかり確認して送金しましょう。

送金以外の使い方はこちらを参考にしてください。

ビットフライヤーの使い方が分からない!ビットコインや他の仮想通貨を買ってみたいけど手続きがめんどくさそうと思っている人は多いですよね。ここでは1から順番に丁寧に説明して行くので仮想通貨初心者は必見です!