セラム(SerumDEX)でできること

セラム(SerumDEX)でできることは板取引のみです(2021年7月時点)。セラムはDEXとしては珍しいオーダーブックを採用しており、指値注文を出すことができます。

執筆時時点では流動性マイニングやレンディングのようなサービスはありません。

セラム(SerumDEX)を始めるために必要なもの

SerumDEXを始めるために
必要なもの

  • FTXの口座
  • solanaの独自規格トークン
  • solanaチェーン対応ウォレット

セラムを始めるための準備はやや面倒です。

セラム(Serum)はsolanaチェーン上に構築されているDEXですので、solanaの独自規格トークン(SPLトークン)を保有する必要があります。

SPLトークンにはSOL(ソラナ)RAY(レイディウム)・SRM(セラム)や、SPL規格版のBTCやETHなどが該当します。

SPLトークンは海外取引所FTXで入手します。FTXの口座開設はメールアドレスとパスワードのみで完了します。またFTXに送金する際は、BTCやETH(ERC-20トークン)で入金が可能ですので試してみてください。

solana対応ウォレットについては後ほど解説します。

セラム(SerumDEX)の始め方

セラムを使うまでの流れ

  1. FTXに資金を送金する
  2. FTXでSPL規格トークンを購入する
  3. SPL規格トークンを専用ウォレットに入金する
  4. セラム利用開始!

STEP1:FTXに資金を送金する

今回はイーサリアム(ETH)をFTXに入金すると仮定して進めていきます。

FTXに資金を送金するやり方1

FTXに口座を開設できたら、メニュー画面から「Wallet」を開いてください。

FTXに資金を送金するやり方2

すると通貨の一覧が表示されます。

今回はETHを入金するので、ETH欄の右側にある「DEPOSIT(入金)」をクリックしてください。

FTXに資金を送金するやり方3

おそらく入金用アドレスが二つ表示されていると思います。

下のアドレスはSPL規格(solana独自の規格)でラップされたトークンのものなので、上のアドレスを使うようにしてください。

これを送金元に入力して送金しましょう。

STEP2:FTXでUSDTとSRMを入手する

2-1:USDTはトレード用に、SRMは手数料割引を受けるために保有する

無事に入金できたら、次はUSDTとSRMを入手していきます。

USDTは取引の際に使うのはもちろんですが、価格変動リスクをなるべく抑える狙いもあり保有しておきます。セラムはまだ流動性がそこまで多くなく、万が一のときにコインをすぐに手放せない可能性があるので、頻繁にトレードすることは現実的ではありません。

またセラムでは主にUSDT建とUSDC建の取引ペアしかありません。FTXにはUSDCが上場していないため、必然的にUSDTを用意する流れになります。

Taker Maker SRM保有量
0 0.22% -0.03% なし
1 0.20% -0.03% ≥100SRM
2 0.18% -0.03% ≥1000SRM
3 0.16% -0.03% ≥10000SRM
4 0.14% -0.03% ≥100000SRM
5 0.12% -0.03% ≥1000000SRM
6 0.10% -0.03% ≥1MSRM

セラムでは独自トークンであるSRMの保有者が受けられる恩恵が大きいです。ある程度SRMは保有しておくのが良いでしょう。

SRMを保有者はセラム上で取引手数料の割引を受けることができます。

2-2:USDTとSRMを用意する流れ

ETHをコンバートするやり方1

Wallet画面のETH欄の右側に「CONVERT」という項目があるので、こちらをクリックしてください。

ETHをコンバートするやり方2

ここでETHをUSDTとSRMに変換していきます。

コンバート機能は手数料がかからないためとても便利です。

USDTとSRMの購入までできたら一旦FTXでの操作は終わりです。次はウォレットを用意していきます。

STEP3:FTXからsolana対応のウォレットへ資金を移動する

3-1:専用ウォレット「phantom」をインストールする

phantom(ファントム)

今回はphantom(ファントム)というウォレットを使っていきます。

phantomはsolana版メタマスクのようなイメージのWebウォレットです。ブラウザ拡張機能として利用します。

phantom公式サイトにアクセスしたら「Add to Chrome」からインストールしてください。

 

無事にインストールできるとChrome画面右上にphantomのアイコンが表示されます。

アイコンをクリックして初期設定を行ってください。

初期設定でやることはseed phraseフレーズのメモと、パスワードの設定だけです。

3-2:phantomに資金を移動させる

初期設定ができたら、先ほど入手したUSDTとSRMをphantomに移動させます。

phantomに資金を入れるやり方1

phantomのアイコンをクリックするとこのような表示がでますので、上部(黄色枠部分)をクリックして入金用アドレスをコピーしてください。

phantomに資金を入れるやり方2

次にFTXのWalletページを開き、USDT・SRMの欄にある「WITHDRAW(出金)」をクリック選択します。

phantomに資金を入れるやり方3

するとこのような画面になります。

送金する数量を入力し、先ほどコピーしたphantomのアドレスをペーストしてください。USDTとSRM、どちらも同じアドレスで問題ありません。

最後に二段階認証を済ませたら「WITHDRAW」をクリックして出金します。

phantomに資金を入れるやり方4

着金するとこのように表示されます。

着金には数分程度かかると思われるので、それまでは待機です。

 

STEP3:Solletとセラムを接続する

phantomに入金できたら、いよいよセラム(Serum)を触っていきます。

下のオレンジボタンからセラムにアクセスしてください。

phantomとセラムを接続1

こちらがセラムの取引画面です。

まずは画面右上の「Connect」をクリックしてphantomを接続します。

phantomとセラムを接続2

もう一度「Connect」をクリックします。

phantomとセラムを接続3

画面右上の「•••」をクリックして自分のphantomアドレスが表示されていれば接続完了です。

板取引のやり方

セラムは分散型取引所(DEX)でありながら中央集権取引所(CEX)と同じオーダーブックを採用しています。

そのためセラムでの取引方法はCEXとほとんど同じです。

STEP1:取引する銘柄を選ぶ

セラム(Serum) 板取引のやり方1

画面左上にある検索窓から銘柄を選択できます。

執筆時(2021年7月末)時点では約70種類ほどの現物銘柄しか取り扱われていません。

STEP2:実際に注文を出す

セラム(Serum) 板取引のやり方2

従来の取引所と同じ要領で入力していきます。

POSTにチェックを入れると必ず指値注文で約定されるようになります。IOCにチェックを入れると、指定した価格かそれよりも有利な価格で即座に約定され、約定しなかった数量分はキャンセルされるようになります。

入力できたら「Buy 〇〇」をクリックして注文を出しましょう。

セラム(Serum) 板取引のやり方3

注文が出されると画面下の「Open Orders」に注文が表示され、約定すると「Balances」内の残高が変化します。

ウォレット残高を移動させるやり方

実は今購入したトークンはまだphantomウォレットには入っておらず、セラム内に留まっている状態になっています。

出金したり、別のDEXでの取引に使いたい場合には、phantomに残高を移動させる操作をしなければなりません。

ウォレット残高を移動

取引画面下のメニュー内にある「Balances」を見てみてください。「Unsettled」欄の数字がまだウォレットに入っていないコインです。

右側の「Settle」をクリックするとウォレットに残高を移動させることができます。

セラム(SerumDEX)の使い方 まとめ

以上が、分散型取引所セラム(SerumDEX)の使い方の解説でした。

セラムは今はまだ主要な現物銘柄しかなく、流動性も多くありません。しかし今後は様々な合成資産の取り扱いや、流動性の拡大が予想されるため、まだ発展途上のDEXだといえます。

新たな機能が実装され次第、本記事でも内容を加筆していきますので、ぜひブックマークしてご活用いただけると幸いです。