「最近人気のMDEXってどんな取引所なの?Uniswapを超えるって本当?」

仮想通貨DeFi領域には様々なプラットフォームが存在しています。そしてシェア獲得の為、それぞれのサービスが日々鎬を削り合っています。

そんな中でも、2021年1月にローンチされてから、瞬く間に分散型取引所ランキング1位を獲得した「MDEX」をご存知でしょうか?

今回の記事では、現在人気急上昇中の取引所「MDEX」について、概要やサービスの将来性などをわかりやすく解説していきます。

MDEXとは?

プラットフォーム名 MDEX
基軸通貨 MDX
ブロックチェーン HECO、BSC
ローンチ 2021年1月
公式ホームページ mdex.com
SNS Twitter(日本版)

MDEXは分散型の仮想通貨取引所(DEX)

「MDEX」とは、分散型の仮想通貨取引所(DEX)の一つです。

分散型取引所とは、従来の中央集権型で運営されている仮想通貨取引所(CoincheckGMOコインなど)とは異なり、管理者や取引仲介者の存在しない取引所となります。ユーザーがトークンの取引を行う際は主に、流動性プールと呼ばれる、トークンの蓄積されたプールと取引を行います。

その分散型取引所の中でも、MEDXはAMM(Automated Market Maker)型を採用しており、特徴として、誰でも流動性プールにトークンを提供することができます。

主なAMM型の分散型取引所の例には、「Uniswap」「Pancake Swap」などが挙げられます。

MDEXはEVM互換性を持った仮想通貨取引所

MDEXの仕組みは、同じくAMM型分散型取引所である「Uniswap」をベースに構築されています。

というのも、Uniswapのようなイーサリアムブロックチェーン上に構築されたサービスは、EVMというオープンソース型の仮想マシンによって開発されて、さまざまなブロックチェーンがEVM互換性を持たせることを可能にしています。

HECOとBSC上で構築された仮想通貨取引所

 

MDEXは、HECO(Huobi ECO Chain)とBSC(Binance Smart Chain)上に構築された分散型取引所です。

HECOは、中国の大手仮想通貨取引所である「Huobi」、BSCは同じく中国の仮想通貨取引所である「Binance」が主導する独自ブロックチェーンです。

UniswapのようなEthreumブロックチェーンが抱える取引手数料の課題を、HECOとBSC上のサービスは解決します。

元々MEDXは、2020年12月にHECO上でローンチされたプラットフォームでしたが、DeFi領域でのシェア率を伸ばすため、2020年4月にBSC上でもサービスを開始しました。これをきっかけに、MDEXのユーザー数は急激に上昇し、1日の取引残高ではDeFi領域全体で首位を獲得するほどまでに成長しました。

仮想通貨の取引高(24時間)が急上昇

大手メディアサイトの「CoinMarketCap」によると、MDEXでの取引高(24時間)は、分散型取引所全体で第2位を記録しています。こちらの取引高はMDEXの人気の高さを象徴していて、ピークは過ぎてしまったものの、今後も上位を維持することが予想されます。

⇩CoinMarketCapのDEXランキング⇩

 

[出典:CoinMarketCap]

DeFi全体の中でも高いTVLを記録

MDEXは比較的最近ローンチされたプラトフォームに関わらず、合計のTVL(Total Value Locked;総ロック数)では「Suchiswap」「Aave」のような人気DeFiサービスに迫る勢いです!

2021年6月現在のTVLは、合計28億ドルにも相当し、DeFiサービス全体でも常に上位を維持しています。

⇩DeFiサービス全体のTVLランキング⇩

[出典:DeBank]

MDEXが今注目されている理由

デュアルマイニングの採用

MDEXの人気が急上昇した理由の一つとして、デュアルマイニングの採用が挙げられます。デュアルマイニングとは、流動性マイニングとトレードマイニングの2種類のマイニングに参加できる仕組みを指します。

MDEXの使い方2つ

  • 流動性マイニング
  • トレードマイニング

流動性マイニング

流動性マイニングとは、取引所の流動性プールにトークンを預け入れる対価として金利収入を得る行為です。

MDEXでの流動性マイニングでは、HECOを利用することによって、比較的低い取引手数料での運用が実現しました。また、預け入れる通貨ペアの種類によっては、100%を超えるAPR(年利率)も期待できます。

⇩MDEX流動性マイニングをした際のAPR(年利率)⇩

 

[出典:Mdex]

トレードマイニング

トレードマイニングとは分散型取引所で仮想通貨の取引(スワップ)を行う際に、インセンティブとして独自トークンを受け取る行為を指します。

MDEXでトレードマイニングが開始されたのは、2021年4月と比較的最近で、人気急上昇の大きな要因となりました。

さらに、トレードマイニングが行える分散型取引所は非常に珍しく、大手分散型取引所のUniswapやPancakeswapでは参加することができません。

HECOエコシステムの台頭

MDEXはHECO上に存在するプラットフォームの中で、圧倒的ナンバーワンのTVLを維持しています。

HECOは、中国の大手仮想通貨取引所であるHuobiが2020年12月から開発を始めたブロックチェーンエコシステムです。今後は中国国外にもマーケットを広げる方針を明言していて、BSCやイーサリアムブロックチェーンの対抗馬としての役割が期待されています。

⇩HECO上のTVLランキング⇩

[出典:DeFiBox]

独自トークンMDXのチャートや将来性は?

仮想通貨取引所であるMDEXは、独自トークンとしてMDXを発行しています。

MDEXでの流動性マイニングやトレードマイニングの報酬として支払われるMDXですが、他の通貨と同じように価格がついていて、取引所で取引することができます。

ここでは、MDXトークンの特徴や将来性を解説していきます。

MDXはMDEXの発行する独自トークン

[出典:CoinMarketCap]

注目すべきは、2021年5月後半のMDXの価格推移です。仮想通貨市場は5月に突入してから全面下げ相場を記録し、価値を0まで落とす通貨も珍しくありませんでした。その中でも、通貨の価格を比較的維持し続けたMDXは、良質な投資材料と言えるでしょう。

2021年6月現在は、1MDXあたり1.6ドルあたりで取引されていて、時価総額は$814,168,845.53の仮想通貨全体75位に位置します。

ガバナンストークンとしての役割も持つ

MDXトークンは、MDEX内におけるバナンストークンとしての役割も持ち合わせています。ユーザーはMDXを保有することにより、MDEX内のでの取引手数料比率や、バーンモデルの変更に対する決定権を持つことができます。

MDEXはバーンモデルも採用していて、ある期間中に、運営が保有するMDXをバーンすることがあります。運営はバーンを実行することによって、MDXの総供給量を減らし、トークンの価格をあげることができます。

MDXの半減期は半年ごと

MDXトークンの総供給量は1,000,000,000(10億)ですが、ローンチしてから半年ごとに、トークン配布量の半減期を迎えます。MDXトークンは半減期を迎えるごとに希少性が上がるので、それに伴いトークン自体の価格も上昇することが予想されます。

これらのように、トークンの総供給量を減らす仕組みも、MDEXが人気な理由の一つと言えるでしょう。

MDXが入手できる取引所

MDXトークンの価格は、MDEXの人気上昇に比例して上がっていくことが期待されます。それに加えて、MDXトークンには半減期やバーンモデルが採用されており、早期から保有するのは非常に賢い投資戦略と言えるでしょう。

MDXは、MDEXでのインセンティブとして受け取る以外に、その他の取引所でも購入することが可能です。

そこで今回は、MDXを実際に購入できる海外の仮想通貨取引所を二つ紹介したいと思います。

MDXが購入できる海外取引所2選

  • Binance(バイナンス)
  • Gate.io(ゲート)

Binance(バイナンス)

Binanceは世界一を称する海外の仮想通貨取引所です。現物取引、レバレッジ取引からステーキングなどの仮想通貨運用まで、ありとあらゆる投資サービスを提供しています。また、取扱通貨の銘柄数も非常に豊富で、ぜひ一度拝見してみてはいかがでしょうか。

Gate.io(ゲート)

Gate.ioは、世界の仮想通貨現物取引量ランキングでトップ10にランクインしている取引所です。

MDEXの取引量も非常に多く、BinanceとHuobi Globalに続く第三位に輝いています。

仮想通貨取引所MDEXのまとめ

以上が、2021年に入ってから瞬く間に競合取引所を抜き去っていった、今最も注目すべき取引所MDEXの概要と将来性の解説になります。

2021年4月までは主に中国国内でのシェア率獲得を目指していたMDEXですが、トレードマイニングやBSCとの提携などにより、今後のシェア率は世界中にお広がっていくことが期待されます。

そんな人気急上昇中のMDEXに、これからも注目していきたいと思います。