カイカコインは、配布されただけの仮想通貨なの?
こんなことが言われていますし、どんな通貨なのか気になりますよね。

とはいえ、
カイカコインに使い道はあるの?」「カイカコインの今後・将来性はあるの?
という疑問をお持ちではありませんか?

そこでこの記事ではそんなカイカコインに関するお悩みを、
暗号資産の専門家コインパートナーが解決します。

具体的には

  • カイカコインの特徴
  • カイカコインの将来性
  • カイカコインのメリット・デメリット

を順番に解説していきます。

3分くらいで読めますし、カイカコインに関する疑問が劇的に改善される可能性が高いので、まずはご一読を!

基本情報

仮想通貨カイカコイン(CICC)とは?特徴を解説

仮想通貨カイカコイン(CICC)とは

仮想通貨カイカコインとは?

  • BTC同様にブロックチェーンが用いられている
  • ホワイトリストへ登録されている
  • 株主優待を無料で受け取れる

カイカコインは2017年2月に、日本の株式会社カイカによって公開された比較的新しい暗号資産です。
株主に「暗号資産の保有」を体験してもらうために開発されました。

この通貨は取引所Zaifに上場したことから話題となり、一定の安全性が保障される金融庁認可の「ホワイトリスト」入りしています。

仮想通貨カイカコイン(CICC)の特徴①ブロックチェーンが使われている

仮想通貨カイカコインの特徴①ブロックチェーンが使われている

カイカコインの特徴一つ目は、通貨の技術にブロックチェーンが用いられているです。

暗号資産は必ずしも、ブロックチェーンが用いられているとは限らないと知っていましたか?
その代表例としてリップルが挙げられます。

それに対してカイカコインは、プラットフォームの一種「カウンターパーティ」により発行されています。
カウンターパーティとは、ビットコインのブロックチェーンに上に作られた金融プラットフォームを指します。

仮想通貨カイカコイン(CICC)の特徴②ホワイトリストに登録されている

仮想通貨カイカコインの特徴②ホワイトリストに登録済み、信頼性・安全性が担保されている

カイカコインの特徴二つ目は、金融庁認可のホワイトリストへ登録されているため安全性が高いです。

ホワイトリストとは、国内取引所が取り扱っている暗号資産すべてが該当します。
交換業者からの審査、かつ暗号資産協会からの承認を得ていることから、一定の信頼性・安全性が担保されています。

これによりカイカコインは非上場銘柄と比べ、初心者でも購入しやすいと言えるでしょう。

仮想通貨カイカコイン(CICC)の特徴③株主優待でカイカコインを受け取れる

仮想通貨カイカコインの特徴③株主優待でカイカコインを受け取ることができる

カイカコインの特徴三つ目は、株主優待としてカイカコインを受け取ることができるです。
この通貨はCAICA社の株を1単元(100株)以上の保有で、株主優待として無料で貰えます

CAICA社はJASDAQ上場の、システム開発を中心としたITサービス事業会社です。金融だけでなく、流通・小売など幅広い業界にシステムを提供しています。

そんなCAICA社の株主優待を受け取る方法を、こちらで解説しています。受け取りたい方はチェックしてみてください。

基本情報

仮想通貨カイカコイン(CICC)の問題と将来性を解説!

仮想通貨カイカコインの問題・将来性

カイカコインの
問題・将来性

  • 過去に120倍も暴騰している
  • 開発時に具体的なビジョンがなかった
  • 現時点では将来性が不透明

仮想通貨カイカコイン(CICC)の将来性①過去に暴騰している

仮想通貨カイカコインの問題・将来性①過去に120倍と驚異的な値上がりを見せている

カイカコインの将来性一つ目は、過去に暴騰したことがあるです。

2017年4月の仮想通貨ブームに後押しされ、一時120倍値上がりしました。当時のビットコインでさえ10倍の値上がり、そもそもカイカコインは1円台だったことを考えると、驚異的な値上がり率かがわかるでしょう。

今後も2017年の仮想通貨ブームのような盛り上がりがあれば、カイカコインへも好影響が多少なりともあると考えられます。

仮想通貨カイカコイン(CICC)の将来性②具体的なビジョンが見えない

仮想通貨カイカコインの問題・将来性②具体的なビジョンが見えない

カイカコインの将来性二つ目は、具体的なビジョンが見えないです。

その理由として、開発目的が「株主に暗号資産を体験してもらうだけ」ということが挙げられます。
つまり中長期的な目的・目標がないので、他の通貨と比べ通貨自体の将来性が高いとは言えないでしょう。

しかしCAICA社は、今後はあらゆるサービスへ対応するよう目指していくことを表明しています。
カイカコインの高騰は、市場全体の盛り上がりかCAICA社の今後にかかっているでしょう。

仮想通貨カイカコイン(CICC)の将来性③将来が不透明

仮想通貨カイカコインの問題・将来性③現時点で使い道が限られており将来が不透明

カイカコインの将来性三つ目は、将来性が乏しいです。

先ほども述べた通り、カイカコインには中長期的なビジョンがありません
使い道は作ってから考える、という行き当たりばったりな姿勢が見えます。

現時点での使い道は

  • CAICA社会のセミナー本の購入
  • 取引所での売買

の2つに限られています。

正直、現時点では使い道があるとは言えないでしょう。

以下の記事では、将来性・安全性など様々な観点から評価した、おすすめ銘柄を紹介しています。
将来性の高い銘柄へ投資したい方はチェックしましょう。

基本情報

仮想通貨カイカコイン(CICC)の株主優待を受け取る方法

仮想通貨カイカコインの株主優待を無料で受け取る方法

カイカコインを保有して
無料で株主優待を受け取る方法

  • 株式CAICA社の株を1単元購入する
  • 取引所Zaifで口座開設する
  • 株主優待を受け取る

カイカコインは、以上の3ステップで受け取ることができます。
受け取るには株主と同名義で、取引所Zaifへの口座開設が必要です。

CAICA社の株を1単元お持ちの方は、以下から取引所Zaifに登録しましょう。

カイカコインを受け取ろう

メリット・デメリット

仮想通貨カイカコイン(CICC)のメリット・デメリット

仮想通貨カイカコインのメリット・デメリット

カイカコインの
メリット・デメリット

  • 取引所Zaifに上場しており信用度が高い
  • 現時点では使い道が限られている
  • 中央集権的でガバナンスリスクなどがある

仮想通貨カイカコイン(CICC)のメリット:Zaifに上場しており信用度が高い

仮想通貨カイカコインのメリット・デメリット①取引所Zaifに上場しているので通貨の信用度が高い

カイカコインのメリット一つ目は、取引所Zaifに上場しており通貨への信用度が高いことです。

取引所Zaifは現物取引量が日本一位で、上場するには相応の通貨の安全性が求められます。
厳しい上場基準を突破していることから、通貨の安全性は高いと言えるでしょう。

仮想通貨カイカコイン(CICC)のデメリット①いまのところ使い道がない

仮想通貨カイカコインのメリット・デメリット②カイカコインは今のところ使い道がない

カイカコインのデメリット一つ目は、今のところ使い道がないことです。

というのも当初の開発目的が「自社株主に暗号資産を持つ感覚を体験してもらう」だったためです。
ですのでそれ以上先を想定して作られていないので、現時点で使い道がほとんどありません。

今後は使用用途を広げると表明していますが、開発がスムーズにいくかも不透明なので将来性は高いとは言えないでしょう。

仮想通貨カイカコイン(CICC)のデメリット②中央集権的になる可能性

仮想通貨カイカコインのメリット・デメリット③中央集権的なので運営会社の破綻・ガバナンスリスクがある

カイカコインのデメリット二つ目は、中央集権的な体制により運営会社の破綻・ガバナンスリスクがあることです。

暗号資産プロジェクトは基本的に非中央集権的ですが、カイカコイこれにより、運営会社の破綻による通貨の価値が落ちる可能性、ガバナンスリスクが発生します。

しかしこれは意思決定スピードの早さ、意見の対立が起こりにくいなどの、中央集権プロジェクトのメリットの裏返しとも言えます。

おすすめ取引所

仮想通貨カイカコイン(CICC)はZaifがおすすめ

仮想通貨カイカコインを購入するなら取引所はZaifがおすすめ

カイカコインの購入に、オススメの取引所はZaifです。

Zaifはビットコインやイーサリアムなどの主要な通貨だけでなく、カイカコインやCOMSAなど、他の国内取引所では取り扱われていない珍しい通貨が購入できます。

また現物取引や入出金手数料など、基本的な手数料が無料です

Zaifはセキュリティも高く、2段階認証ホットウォレット・コールドウォレットの使い分けができます。
これらにより不正ログインやハッキング防止ができ、資産を安全に保管することもできます。

他にも、CAICA社の株主優待を受け取るにはZaifへの登録が必須です。
Zaifは信頼性も高いので、特にCAICA社の株主におすすめの取引所と言えます。

カイカコインを入手するなら

まとめ

仮想通貨カイカコイン(CICC)のよくある質問

仮想通貨カイカコインよくある質問

仮想通貨カイカコイン(CICC)の株主優待はどうやってもらえるの

以下の3ステップで受け取ることができます

  1. CAICA社の株を1単元(=100株)を保有
  2. 同一名義で取引所Zaifへ口座開設
  3. カイカコインを受け取る

CAICA社の株主であれば「CAICAコイン受取方法のご案内」が送られ、カイカコインの手続きを進めることができます。

仮想通貨カイカコイン(CICC)の発行上限は?

カイカコインの発行上限は300,000,000CICCです

仮想通貨カイカコイン(CICC)の開発目的は?

株主たちに暗号資産をもつ感覚を掴んで欲しいという狙いで開発されました

カイカ社は、2016年10月末の時点のカイカ株主にカイカコインを配布しました。
これは、カイカ社が暗号資産事業を伸ばすためでした。

仮想通貨カイカコイン(CICC)の将来性は?

具体的なビジョンを持って開発されておらず、今のところ将来性は乏しいでしょう

カイカコインは実用的に使うことを目的に、開発されていません
しかしカイカ社は今後あらゆるサービスに使えることを目指していると表明しています。

行き当たりばったりな姿勢が目立ちますが、今後どのようなサービスが展開されるのか見守りましょう。

まとめ

仮想通貨カイカコイン(CICC)まとめ

いかがでしたか?

今回は

  • カイカコインの特徴
  • カイカコインの将来性
  • カイカコインのメリット・デメリット

の順にご紹介してきました。

これでカイカコインの今後・将来性を見極めることができたのでないでしょうか?

カイカコインは今のところ暗号資産としての競争力は低いと言えるでしょう。
また今後カイカコインが値上がりするには、市場全体が盛り上がるか使用用途が増えるか次第と考えられます。

現時点では使い道が限られているので、CAICA社の株主以外は保有するメリットがあまりないでしょう。

CAICA社の株主の方向け

Zaif公式サイトで
カイカコインを受け取る