「WBTC(Wrapped Bitcoin/ラップドビットコイン)ってどんな暗号資産なんだろう?」あなたは今こうお考えではないですか?

確かにビットコインと似ていますが国内取引所にはない銘柄なのでわからないですよね。

この記事ではcoinpartnerがWBTCの特徴やメリット、チャート分析、購入におすすめの取引所まで詳しく解説していきます!
この記事を読めばWBTCの特性を理解し今日から運用することができます!

WBTCの魅力

  • ETHブロックチェーン上で利用可能なBTC
  • BTCを保有しつつDeFiサービスを楽しめる
  • 1BTC≒1WBTCのBTCステーブルコイン
Binanceの詳細を見る

WBTC(Wrapped Bitcoin)とは?

通貨名 Wrapped Bitcoin
市場ランキング 20位
発行上限 2100万WBTC
(BTCと同じ)
ブロックチェーン イーサリアム(ERC-20)
取扱取引所 Binance・FTX・Uniswap

BTCと非常に似た名前のコインですが、WBTCはBTCのステーブルコインになります!
イーサリアムブロックチェーン(ERC-20)で使えるBTCを作ろう!ということで生まれたコインです。

BTCとほぼ同等の価値を持つWBTCですがイーサリアムブロックチェーンを採用しているが故にBTC以上に多くの活用方法があります。

ここからはそんなWBTCの特徴を詳しく解説していきます。

BTCのステーブルコイン

WBTCはBTCのステーブルコインです。
ステーブルコインとはある通貨と価格が連動した仮想通貨で、WBTCはBTCと価格が連動しています。

運営元が1WBTC発行するたびに1BTCを保有することで1WBTC=1BTCという価値が裏付けされているのです!

WBTCは疑似的にBTCと同じ価値を作り出しているだけなので、価値保存手段・投資目的で使うならWBTCよりBTCを購入しましょう。

DeFiサービスを利用できる

WBTCとBTCの最大の違いはブロックチェーンベースです!WBTCはイーサリアムブロックチェーンを使ったERC-20トークンになります。

BTCは一定期間保有する・送金に使うなど限られた利用方法しかありませんが、WBTCであればDEXなどのDeFiサービスを利用することができるのです!

たとえばDEXのUniswapではWBTC/ETHやWBTC/USDCをペアでプールする(預ける)と報酬としてUniswapオリジナルトークンのUNIをもらうことができます。

WBTCを取引しなくても預けるだけで報酬が手に入るのです!

ビットコインを大量に持っていて保有するだけではもったいないと感じている方はぜひWBTCに交換して運用することをおすすめします。

WBTCとBTCは何が違うの?

通貨名 WBTC BTC
発行年 2019年 2009年
時価総額ランキング 20位 1位
ブロックチェーン イーサリアム
(ERC-20)
ビットコイン

WBTCはBTC担保型のステーブルコインで、1WBTC発行されるたびに1BTCを預かることでBTCと同等の価値を保っています。
よって価格は1BTC≒1WBTCになります。

BTCとWBTCの大きな違いはブロックチェーンベースになります!

BTCと違いWBTCはDeFiサービスで幅広く運用できるので、BTCを保有しつつDeFi関連の仮想通貨運用を楽しみたい方はWBTCを購入することをおすすめします。

ただ、WBTCは疑似的にBTCと同等の価値を持たせたものなのでただ価値保存手段として長期保有をしたいだけならBTCのまま持っておきましょう。

Wrapped Bitcoin(ラップドビットコイン/WBTC)購入におすすめの取引所

WBTCを購入するならBinanceがおすすめです!

WBTCの取引量が圧倒的に多く、WBTC/BTCペアの取引量は世界No.1になります。

取引所としても大変人気で、ユーザー数1000万人以上、coinmarketcapの取引所総合ランキングと24h取引高ランキングでは1位の実力を誇ります。

海外取引所ですが、日本語対応でスマホアプリも使いやすいので多くの日本人ユーザーがいます。

Binanceの詳細はこちら

WBTC(Wrapped Bitcoin)の購入方法

WBTCの購入方法

  • WBTCを購入できる取引所に登録
  • 国内取引所から送金
  • WBTCを購入

WBTCを購入できる取引所に登録

まずはWBTCを購入できる取引所に登録しましょう。国内取引所でWBTCは取り扱っていないので海外取引所に登録する必要があります。

先ほど述べたように、おすすめはWBTC/BTCの取引量が世界No.1のバイナンスです。他にもFTXBitfinexで取引することができます!

海外取引所は本人確認が不要なことが多いのでメールアドレスとパスワードですぐに口座開設できるかと思います。

国内取引所から送金

国内取引所で購入した仮想通貨を先ほど登録した海外取引所に送金しましょう!

その際に利用する国内取引所はGMOコインがおすすめです。

全ての通貨が送金手数料なのはGMOコインのみです!他の取引所ですと送金するだけで数千円かかることもあるので注意してください。

WBTCを購入

ここからは海外取引所の操作になります!取引画面に移動してWBTCと検索しましょう。

例えばバイナンスではWBTCと検索するとWBTC/BTCとWBTC/ETHが出てきますのペアを選択して取引の手順を行ってください!

国内取引所から送金する際はあらかじめWBTCと交換できる通貨を確認してからにしましょう。

WBTC(Wrapped Bitcoin)に関するQ&A

WBTCに関するQ&A

  • WBTCの運用方法は?
  • BTCのステーブルコインは他にもある?
  • WBTCを投資目的では購入しない?

WBTCの運用方法は?

WBTCはイーサリアムブロックチェーンを使ったDeFiサービスで運用することができます!

具体的にはUniswapやSushiswapなどのイーサリアムブロックチェーンを使ったDEXの流動性マイニングです!

流動性マイニングとはDEX内のプールに仮想通貨のペアを預けることでDEXに流動性を与え、その報酬をもうらう仮想通貨運用になります。

取引することなく預けるだけで報酬がもらえるので何もせずにBTCを保有しているよりも有効活用することができます!

BTCのステーブルコインは他にもあるの?

WBTCはBitGO社がBTCを預かりBTCを発行するカストディ型で発行しており、イーサリアム上のBTCのステーブルコインの75%を占めています!

他にはimBTCやHoubiが発行しているHBTCなどがイーサリアム上に流通しているBTCのステーブルコインとなります。

どこの会社が発行しているBTCのステーブルコインでもBTCと価値は同等で価格は連動しています!

投資目的では購入しないの?

WBTCは基本的に投資目的での保有や購入はしません!

常に1BTC=1WBTCで価格が変わらないので、ビットコインを保有したいだけの人はWBTCにする必要はないでしょう。

WBTC(Wrapped Bitcoin)まとめ

WBTCまとめ

  • 保有・送金だけじゃない!WBTCを使えばイーサリアム上でBTCが利用可能に
  • BTCを保有しつつBTCをDeFi系レンディングサービスに使える!
  • 価格は1BTC=1WBTC、BTCのステーブルコイン
  • BTCを保有しつつ更にそのBTCを資金運用したい方におすすめ!
  • BTC保有だけが目的ならWBTCは購入しない法方がおすすめ

この記事ではcoinpartnerがWBTCの特徴やメリット、チャート分析、購入におすすめの取引所まで詳しく解説してきました。

WBTCの魅力がわかっていただけたでしょうか。

BTCを売らずに実質的にBTCを運用できるのでどんどん価格が上昇しているBTCを売りたくないという方におすすめです!

WBTCが買える取引所

Binanceの詳細はこちら