「テゾスって今買うべきなのかな?」
「テゾスの価格ってこれからどうなるんだろう」

そう考えていませんか?

仮想通貨に慣れていない人がテゾスの価格を予想するのは難しいですよね。

そこで今回は、コインパートナーがテゾスの将来性を決める4つの要素・メリット・デメリットなどから今後の見通しまで徹底解説していきます!

ぜひ今後の仮想通貨取引に役立てていただけると幸いです!

テゾスの今後を
ざっくりまとめると

  • ハードフォークの心配がいらない
  • フランス大手ゲーム会社UBIsoftがステーキングに参入
  • 様々なプロジェクトに採用される可能性がある
  • テゾスの購入におすすめなのはGMOコイン
GMOコイン
「GMOコイン」は基本手数料が無料なうえに初心者からの人気もある国内取引所です。

仮想通貨FXにも力を入れてるので初心者でも経験者でも、GMOコインに登録しておけば間違いないでしょう!

テゾス(Tezos/XTZ) の将来性が高い3つの理由

テゾス 将来性

テゾスの将来性が高い3つの理由

  • 形式的検証によって安全性が高まる
  • ハードフォークによる下落の心配がない
  • 仏中央銀行に採用されれば価格上昇の可能性が高い

形式的検証によって安全性が高まる

テゾス 将来性

テゾスは決済するときの検証の際に「Ocaml」という独自のプログラミング言語を使用しています。

処理速度が速くバグが起きにくいので、「Ocaml」はハッキングを受けにくく検証に最も適した言語として他の仮想通貨への運用も検討されるほど注目されています。

テゾスはハッキングを受けにくい通貨だと言えるでしょう!

ハードフォークの必要がない

テゾス 将来性

テゾスの特徴として、ハードフォークをする必要がないというのは大きなメリットです

ハードフォークは、暗号資産のスケーラビリティ問題を解決するために元の通貨から派生した新たな通貨を作り出しますが、これにより元の暗号資産の価値が下がったりすることがあるので完全なメリットとは言えません

テゾスはハードフォークせずにブロックチェーンの仕様を上書きできるので、ハードフォークによる下落の心配はいらないでしょう。

ハードフォークについて詳しく知りたい方はこちら↓

フランスの中央銀行実証実験に採用された

テゾス 将来性

2020年の9月から、フランスの中央銀行デジタル通貨(CBDC)の実証実験に採用されました。

このまま実験に成功してテゾスの技術が採用されれば、フランスの公共機関がテゾスの技術を認めたことになります。今後の価格上昇に大きくかかわってくることでしょう

テゾス(Tezos/XTZ)の今後の見通し

テゾス 将来性

テゾスの今後4つの見通し

  • 昨今盛り上がりを見せているNFT市場への参入
  • ステーキング目的の購入者の増加
  • 様々なプロジェクトへの技術採用
  • 大手企業がテゾスのステーキングに参入

NFT市場への参入

テゾス 将来性

テゾスは、今NFTの参入に向けて「tzcolor」という色をNFT化するプロジェクトを試みています。

NYの証券取引所がNFTを発行したこともあり、昨今で大きな盛り上がりを見せているNFT市場にテゾスが参入すれば今後の価格上昇に期待できます!

NFTについて詳しく知りたい方はこちら↓

ステーキング目的の購入者の増大

テゾス 将来性

テゾスは、通貨を一定量より多く保有している人がブロックチェーンを生成する権利を獲得できます。しかしこれでは富が偏ってしまう可能性があるため「LPoS(Liquid Proof of Stake)」というシステムを使っています。

「LPoS」は自分の保有している少ないテゾスを他人に委任できるシステムのことです。
自分の預けた人が権利を獲得した場合、その時にもらえる報酬の何割かを自分ももらえます。

ステーキングの知名度が上がった今、GMOコインのステーキングに対応している通貨がテゾスなので今後に期待できるのではないでしょうか!

実際にGMOコインでテゾスを保有するだけで、年利約5%のテゾスを増やせるのでおすすめです!

入金・送金・出金手数料無料!

ステーキングについて詳しく知りたい方はこちら↓

様々なプロジェクトへの採用

テゾス 将来性

先ほどのフランス中央銀行実証実験のように、テゾスのブロックチェーン技術は様々なプロジェクトの実験に採用されています。

現在はイーサリアム(ETH)の技術が様々な部分で使われることが多いですが、今後プロジェクトに採用されることでテゾスの知名度や人気が高まり、技術も評価されることになるので主要通貨にもなりえる通貨の一つと言えるでしょう!

テゾスのステーキングに大手企業が参入

テゾス 将来性

最近テゾスのステーキング市場が盛り上がりを見せています。一番最近では、フランス大手ゲーム会社のUBIsoftがステーキングに参加することを表明しました

自分のステーキング元に大手の企業がいると注目度が高まったり、安全性が認められてそこに自分の通貨を預ける人がどんどん増えていきます。今後有望なステーキング先が増えれば、ステーキング目的のテゾス購入者が増えるのではないかと予想できます!

国内ではGMOコインのみがテゾスのステーキングに対応しています!

入金・送金・出金手数料無料!

テゾス(Tezos/XTZ)の購入におすすめの取引所

テゾス 将来性

GMOコイン

GMOコイン ロゴ

GMOコインは東証1部のGMOインターネットが運営している暗号資産取引所です。

入金、出金、送金にかかる手数料が無料なことで有名です!

テゾスを取引する際も、手数料を気にしなくていいので頻繁に取引できます!
スプレッドも狭くなっているので、販売所での無駄な出費も気になりません!

手数料を重視したい方はGMOコインに登録するのがいいでしょう。

コインパートナーおすすめ!

GMOコインの詳細を見に行く

GMOコインの評判を知りたい方はこちら↓

bitFlyer

ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyerは、2014年から運営している取引所です。

12種類の通貨に対応しており、その全てでコイン積立できることで人気を集めています!

仮想通貨FXがとても有名な取引所で、現在日本最大級の仮想通貨取引量を誇っている取引所です!

サイトのデザインもシンプルで、積立サービスもあるので初心者に人気の取引所となっています。

国内最大の取引量を誇る取引所!

bitFlyerの詳細を見に行く

bitFlyerの評判を知りたい方はこちら↓

テゾス(Tezos/XTZ)を購入するときの注意点

テゾス 将来性

テゾスの問題点を3つ紹介

  • 過去に集団訴訟されて2500万円の賠償金を払ったことがある
  • マネーロンダリングに使用される可能性がある
  • 国内では販売所でしか買えない

過去に集団訴訟されたことがある

テゾス 将来性

テゾスは2017年に、ICOを実施することで250億円の資金調達に成功しました。しかし開発者内部の意見の食い違いから紛争が起こり、投資者側から集団訴訟を起こされたという事実を抱えています。

テゾス側が2500万円の賠償金を払うことによってこの問題は解決しましたが、内部での意見のぶつかり合いがあったという事実は、あまり投資家たちにいい印象を与えなかったと言えるでしょう。

マネーロンダリングに悪用される可能性がある

テゾス 将来性

テゾスは送金の際にシステム的に高い匿名性が保たれる仕組みになっています。そのため、マネーロンダリングなどの不正に使われる可能性があります。

現在はアンチマネーロンダリングツールなどの対応を取っているようですので、今後の様子もしっかりとチェックしておきましょう!

国内では販売所でしか買えない

テゾス 将来性

国内の取引所では、販売所でしか買えないのが一番身近での大きなデメリットだと思います。

販売所での取引では必ずスプレッドがかかってしまうので頻繁な取引は避けなければなりません。

GMOコインとbitFlyerならGMOコインの方がスプレッドが狭いので、手数料を気にする方はGMOコインがおすすめです!

入金・送金・出金の手数料無料!

テゾス(Tezos/XTZ)の将来性 まとめ

テゾスの将来性 まとめ

  • 様々なプロジェクトに採用されれば、今後さらに期待できる
  • テゾスの将来性に対してポジティブな要素が多い
  • テゾスの取引にはGMOコインがおすすめ
  • 内部紛争の可能性やスプレッドの問題も無視できない

テゾスは将来性のある通貨でしたね!

ですがメリットだけではなくデメリットもあることが同時にわかったと思います!

これからのテゾスの動きに注目しつつぜひ取引を始めてみてください!