ビットコインの急激な下落のピークは、313日だったため、半減期までは大きく下落することはないだろうと語られている。

著名アナリストは、半減期後上昇すると予想している。

*注)本記事は間違いを確認したため訂正しました。

ビットコインは30万円まで下落しない

最も慎重な仮想通貨アナリストの1人とも呼ばれるTone Vays氏は、ビットコインは2,800ドル(約30万円)を下回らないと主張している。

Vays氏はビットコインの短期的な見通しについて、何ヶ月も弱気の見通しを立ててきたが、BTCは201812月(約35万円)に底を打ったと固く信じていると語っている。

また同氏は、313日に起きた約 3,700ドル(約40万円)への急激なビットコイン下落が最後の下落だと主張している。

さらにVays氏はビットコインの価格について2800ドルを下回ることはないと述べている

6月の終わりに2,800ドル(約30万円)まで下落すると思っていましたが、それはもうありません。今月の出来事(3月13日の大暴落)は 2,800ドルまで下落するのに最も近いものだとと思うので、今後2,800ドルを下回ることはもうないでしょう。したがって、1,000ドル(約10万円)や1,300ドル(約14万円)、1,500ドル(約16万円)まで下落することはないだろう。

また同氏は、半減期後上昇するだろうと主張している。

半減期後、2,800ドルにならないことは間違いないです。そして、半減期まではわずか2か月です。しかし、私はそれが起こるとは思いません。私たちは次の34か月で何らかの形で上向きの三角形保合いを作り、最終的にはこの状況から抜け出すと思います。

今後のビットコイン市場に一層の注意が必要になるだろう。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインパートナーの公式Twitterアカウントはこちら!