大手仮想通貨相場の裏に「悪のクジラ」の影

昨今の仮想通貨相場の裏に、詐欺で得た巨額の仮想通貨を運用する「悪のクジラ」が関与している可能性があると海外メディアが報じた。

「悪のクジラ」と目されているのは、2018年に大きな被害を与えた仮想通貨投資詐欺Plus Tokenの首謀者だ。

Plus Tokenは「高い利回りで仮想通貨を運用する」と騙して出資者を募り、300万人以上からの出資を受けていた。

しかし、途中で利回りの配当をやめ、出資額をだまし取ったのだ。

ここでの被害額は、9万〜20万BTC、79万ETHおよび2,600万EOSと予想されている。

仮想通貨アナリストのJacob Canfield氏によると、詐欺の首謀者はこのだまし取った巨額の仮想通貨で市場操作を行っている可能性があるという。

Canfield氏の分析では、詐欺グループには現在6億ドル(約660億円)の資本があり、HuobiやOKExで価格上昇の工作を行ったのだという。

そうして価格を釣り上げることで、だまし取った仮想通貨を高値で売り抜ける目的があるようだ。

「悪のクジラ」が自身の抱える仮想通貨を市場に放出し始めれば、市場に流通する仮想通貨の量が増えることで価格が伸び悩む可能性がある。

今後相場に顕著な影響が現れることがあるのか、注目が必要だ。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインオタクの公式Twitterアカウントはこちら!