仮想通貨はリップル先物でフラッシュ・クラッシュ

仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXのリップル先物で一時取引価格が0.13ドル台に急落するフラッシュ・クラッシュが起きた。現物価格には大きな影響はなかった。

ビットコインにも異変があり、昨夜、大きく下落した分を取り戻す急上昇を見せた。

改めて仮想通貨のボラティリティの高さを知らしめる一夜となった。

それぞれの通貨を見ていこう。

 

ビットコイン(BTC)

14日18時現在のビットコインの価格は111万4213円、前日同時刻比で-1.10%の下落となっている。

昨日16時ごろから大きく値を下げたものの、22時台に急上昇し、一時115万円台をつけた。

しかし、価格は急速に戻り、黄緑ライン(112.3万円)近辺に。

その後は黄緑ライン付近でやり取りされていたが、現在はやや軟調となっている。

ボラティリティの高い動きによって買い方・売り方とも大きなロスカットが起こったと思われ、ポジションが軽くなったことで突発的な動きは起こりづらくなったか。

黄緑ラインを明確に抜けられなければ下押し材料となる可能性がある。

下値のめどはオレンジライン(107.4万円)となりそうだ。

(参考 TradingViewのBTCJPYチャート 1時間足)

\無料アプリを使って/

価格の変動を素早くチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

ビットコインのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

ビットコインの今後が気になる方はこちらをチェック↓↓↓

ビットコインは今後どうなるか気になりますよね?この記事では、ビットコインの将来性が高い理由や、過去の価格暴落・高騰の歴史、今後を左右する要因、さらには著名人のビットコインの価格予想まで解説しています!
 

 

リップル(XRP)

14日18時現在のリップルの価格は0.32446ドル(35.63円)、前日同時刻比で+3.33%の上昇となっている。

デリバティブ取引所BitMEXのXRPUSD先物で昨日23時ごろフラッシュ・クラッシュが起き、一時0.13ドル台(14円台前半)まで価格が急落した。

しかし、現物価格には大きな影響はなかった。

昨夜19時ごろから上昇に転じ、一時0.34ドル(37.33円)間近に迫った。

今日午前中は横ばい気味に推移。

午後に入ると弱含んだが、現在は値を戻している。

次に意識されるレジスタンスラインは0.408ドル(44.30円)となりそうだ。

(参考 TradingViewのXRPUSDチャート 1時間足)

\無料アプリを使って/

価格の変動を素早くチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

リップルのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

リップルの今後が気になる方はこちらをチェック!!!↓↓↓

リップルは2019年最も成長の期待される仮想通貨のひとつです。なぜなら、リップルに関連するイベントやプロジェクトが一気に動き出すからです。今回はコインオタクがリップルの今後とjavascript:void(null);将来性について解説しま
 

 

イーサリアム(ETH)

14日18時現在のイーサリアムの価格は265.21ドル(29,121円)、前日同時刻比で+1.32%の上昇となっている。

黄緑ライン(273ドル:29,717円)がレジスタンスラインとして機能し、上値を重くしている。

昨夜22時ごろ一時黄緑ラインを上抜けたものの終値に近づくと反落。

その後は260ドル台で横ばい気味に推移した。

引き続き黄緑ラインが上値のめどとして意識されそう。

短期の下値めどはオレンジライン(252ドル:27,273円)が意識される。

(参考 TradingViewのETHUSDチャート 1時間足)

CoinOtakuの無料サロンで投資を学ぶ!

イーサリアムのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

\無料アプリを使って/

価格の変動を素早くチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!