仮想通貨に影響も!アメリカでブロックチェーン積極採用

アメリカ海軍が、軍内の情報共有のためにブロックチェーン技術を利用し、950万ドル(約10億円)の経費削減に成功した発表した。

多くの仮想通貨の根幹を支えるブロックチェーン技術が、本格的にアメリカでも採用され始めたことで、ビットコイン等の仮想通貨市場にも好影響が及ぶ可能性があるとして、大きな話題を呼んでいる。

今回ブロックチェーンを用いて管理されるようになった情報は、武器データや経費関連データ、他国の情勢に関するデータなどだ。

ブロックチェーンを用いることで同軍の他部門と、迅速かつ安全に情報共有を行えるようになったという。

発表によると、今回アメリカ海軍のブロックチェーン導入に協力したのは、アメリカ大手ブロックチェーンスタートアップのFluree社である。

同社は、アメリカ海軍のみならず、アメリカ空軍ともブロックチェーン導入に関して提携を結んだことも発表した。

昨年、中国習近平国家主席が本格的なブロックチェーン技術導入を発表して以来、各国でブロックチェーンへの注目度が高まっている。

特に、常に仮想通貨に対して否定的な姿勢を取り続けていたアメリカが、その基盤技術であるブロックチェーンを導入したのは間違いなく仮想通貨市場にとっても好材料だ。

これを機にアメリカでも仮想通貨についての議論が加速するのか?

各国のブロックチェーン・仮想通貨に関する動向に今後も注目だ。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインパートナーの公式Twitterアカウントはこちら!