ドイツ最大手銀行が仮想通貨の潜在的可能性を強調!

ドイツ国内最大の銀行であるドイツ銀行(Deutsche Bank)は、「仮想通貨は、最終的に2030年までに既存の現金に取って代わる可能性が高い。」報告した

同銀行が公表した報告書では、仮想通貨の将来的な可能性・仮想通貨のメリット・仮想通貨の活用事例などもまとめられており、ドイツ銀行が改めて仮想通貨への積極的な姿勢を示した形となる。

同報告書内でドイツ銀行は、仮想通貨の過去10年間を振り返ったうえで、その主な使用例は依然として投資が大部分を占めている点について言及し、以下のように述べている。

「ビットコインを含む多くの仮想通貨は、(社会的な実用性の面において)そのユーザーに多大な利益をもたらす可能性を秘めている。それにもかかわらず、多くの仮想通貨は投資目的で利用されることがほとんどであり、支払い手段や金融システムの一環として受け入れられるには時間がかかってしまっている。

また、シニアエコノミストのMarion Laboure氏は、「仮想通貨が2030年までに現金に置き換わる存在になるためには、法規制の枠組みが世界中のさまざまな地域で導入される必要がある。法規制さえ整えば、仮想通貨は2030年までに現金にとって代わる存在になることができるようになるだろう。」と述べた。

ここ最近は、既存の仮想通貨のみならず、中央銀行のデジタル通貨(CBDC)も、世界中の関心を集めている。

仮想通貨やCBCDなどの新興資産が、伝統的な法定通貨体制を転覆させ、革命を起こす時代はそう遠くはないだろう。

仮想通貨の今後の発展拡大にますますの期待が高まる!

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインオタクの公式Twitterアカウントはこちら!