フランス初!仮想通貨ファンドがCMEビットコイン先物取引開始!

フランスの暗号資産(仮想通貨)ファンドであるナポレオンAM社は、CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)が提供するビットコイン先物の取引をローンチしたことを発表した。

ナポレオンAM社は大口投資家を対象にした大手暗号資産(仮想通貨)ファンドであり、CMEのビットコイン先物取引を提供する暗号資産(仮想通貨)ファンドは、ナポレオンAM社がフランス初となる。

ナポレオンAM社の広報責任者であるセルジオ・ゴンザレス氏は取材に対し、「レプリケーションの最適化とビットコイン先物取引の円滑な取引を維持するために、CMEビットコイン取引という暗号資産(仮想通貨)市場への新たなアクセス手段を提供する。」と述べ、ビットコインのさらなる発展に向けて前向きな姿勢を示した。

現在ナポレオンAM社は、対象投資家をフランス国内に在住の投資家のみに絞っており、フランス国外の投資家は対象としていない模様。

ナポレオンAM社のステファン・イフラー社長は記者会見にて、「(CMEのビットコイン先物取引の活用は)フランス規制当局との議論の集大成の結果だ。フランスの法律を遵守した形で独自のファンドを立ち上げることを通じて、暗号資産(仮想通貨)資産の制度化と民主化に貢献できることを誇りに思っている。」と述べ、その自信をのぞかせる。

CMEの競合社であるBakktも、今週月曜日にシンガポールで独自の現金決済ビットコイン先物取引を開始し、その存在感をますます強めている。

フランスの報道によると、ナポレオンAM社はおそらく、近日中にBakktの現金決済ビットコイン取引のサービスも開始するだろうとみられており、その期待は高まる。

世界中でビットコイン先物取引が活発化すると、肝心のビットコイン市場にも好影響を及ぼすことは間違いない。

ビットコイン価格上昇に向け、好材料はそろった。

あとはここから年末にかけて、暗号資産(仮想通貨)価格急上昇を見守るだけだ。

\無料アプリを使って/

暗号資産(仮想通貨)のニュースを逃さずチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインパートナーの公式Twitterアカウントはこちら!