ロシアが仮想通貨決済禁止に踏み切るか

ロシア中央銀行は今後、暗号資産(仮想通貨)決済を全面禁止する可能性があることを明らかにした。

ロシア中央銀行は、「プライベートな暗号資産(仮想通貨)は、既存の法定通貨と同一視することはできず、法定通貨と同様にして扱うことはできない」という意見を表明している。

昨年からロシアでは、ビットコインマイニングやトークン販売など暗号資産(仮想通貨)に関する法整備を進める姿勢は示しているものの、予定通りに発効まで行き着いておらず、依然として不透明な部分は大きい。

ロシア銀行は、暗号資産(仮想通貨)決済を促進するに当たって、懸念すべき点として、「暗号資産(仮想通貨)は、マネーロンダリングやテロ資金調達などの犯罪的利用、ならびに急激なレート変動による為替取引の実施など、重大なリスクを伴う可能性が高い。」と述べた。

大国ロシアが暗号資産(仮想通貨)決済を、本格的に禁止するとなると、ビットコイン市場にも多大な影響が及ぼされるだろう。

やはり、暗号資産(仮想通貨)が幅広く利用されていくためには、明確な法規制が必要不可欠だ。

今後のロシア政府の動きにも注目だ。

\無料アプリを使って/

暗号資産(仮想通貨)のニュースを逃さずチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインパートナーの公式Twitterアカウントはこちら!