PayPayがリップル社の技術採用

リップル社の技術を活用した金融インフラを開発する「マネータップ社」は、PayPay 社との業務提携を正式に発表した

マネータップ社とは、リップルの分散型台帳(XCurrent)を利用した次世代金融プラットフォームの構築を目指して今年3月に立ち上げられたSBIホールディングスの子会社。 

この業務提携により、ユーザーが銀行口座からPayPayの残高をチャージする際に、マネータップを経由することとなり、銀行口座から直接的にチャージを行える。

これまでのチャージ方法では、銀行口座から残高チャージを行う場合、クレジットカード会社や金融機関などの仲介業者を介す必要があったが、今後はこれらが不要となる。 

銀行口座から直接的にチャージ可能にすることで、既存の金融インフラよりも低コストで使用可能となるとともに、金融機関との接続負担を軽減する狙いがある。 

今回PayPayが業務提携を決めたことで、そのユーザーやその他の関連会社の間でも、リップル技術の導入が加速する可能性が高まる。

さらに、今や日本人にとって身近な存在であるPayPayがリップル技術を導入することで、日本国内でもリップルの名が広く知れ渡ることとなるだろう。

リップル社の勢いは、もう誰にも止められない。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインオタクの公式Twitterアカウントはこちら!