ビットコイン(BTC)はダブルボトムで少し上昇か

17日5時現在のビットコインの価格は86万9300円、前日同時刻比で-2.10%の大きな下落となっている。

16日0時台に急落し、その後レッドライン(88.6万円)付近で膠着状態を見せたが、20時に価格は再下落。

17日0時には、9月下旬の大暴落時の安値86.4万(ブルーライン)を割った。

ブルーラインが比較的意識されやすい目安だったこともあり、ここで相場は反発。現在は上昇の兆しを見せる展開となっている。

(参考 TradingViewのBTCJPYチャート 1時間足)

・上昇のシナリオ

サポートラインであるブルーラインに反発を見せたため、上昇する可能性は高いと予想する。

過去1ヶ月の動向同様、ダブルボトムを見せる可能性は十分考えられるため、ここから先数時間でブルーラインに再接近しても焦りは禁物だ。

レッドラインを超えた場合、一気に価格が上昇すると思われる。

だが、グリーンのレジスタンスラインが表すように、9月の暴落以前から長期的な下降トレンドであることに警戒が必要だ。グリーンラインを突破しない限り、大幅な価格上昇は見込めない。

・下降のシナリオ

10/7付近のように、ブルーラインでダブルボトムを見せた相場がその後上昇せず、一気にブラックライン付近まで急降下する可能性が考えられる。

その点で、ここから先数時間のレンジ相場がどれくらい長く続くのかに注意が必要だ。

10/10でショートを入れた層が今後の価格上昇を警戒して、現在のブルーラインで利確をする可能性がある。

その層が多ければ多いほど、これからのレンジ相場は長くなる。

さらに、そうした人々が多いということを他の投資家達に連想させる。

すると直近でブラックラインまで接近した場合、これまでのように反発を見せず、逆にラインを下回る最悪のシナリオが想定される。

・筆者の見解

個人的な見解としては、今後数時間で(ブルーラインと)ダブルボトムを形成するようなレンジ相場を展開し、その後レッドラインさらにはグリーンライン付近まで上昇すると予測する。

しかしグリーンラインを超えないことには長期的な価格上昇は見込めないため、今すぐにロングをいれるのは総合的な期待値は低いと思う。

グリーンラインとレッドラインが交差する1~2日後を中心に、今後の動向を見ながら様子見を行うのが吉だろう。

\無料アプリを使って/

価格の変動を素早くチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインオタクの公式Twitterアカウントはこちら!