リップル(XRP)はこれから上昇相場になると見るアナリストが多数を占めているが、そのタイミングは大きな下落のあとかもしれない。

11月にはリップル社最大のイベント「Swell 2019」が控えており、今後1ヶ月ほどは荒い値動きとなる可能性が高い。

リップル(XRP)は上昇が見込まれるが買いのタイミングは難しい

複数のアナリストは今後、リップル(XRP)は上昇相場を迎えるが、そのタイミングは一段安をつけてからかもしれないとと報道されている

リップル(XRP)は仮想通貨バブル後、しばらく0.25ドル近辺が下値となり反発していた。

9月24日に仮想通貨市場全体を暴落が襲い、一時同水準を割り込んだが、9月30日に急騰を見せてからは再び0.25ドルがサポートラインとなっている。

Twitterで3万7000人のフォロワーを誇る仮想通貨アナリストLoma(@LomahCrypto)氏は「今は買い増しするのに悪くないポイントだ」とコメント。

(訳)正直言って、XRPを買い増しするのに全然悪い場所じゃないね。
このサポートエリア(放物線状になっているところ)をブレイクするだろうという議論が聞かれるけど、リップル社だけを災害が襲うことを除けば、そのときはXRPだけじゃなくて多くのアルトコインが破滅するだろうね。

一方、Soleil Du Soir(@soleil_dusoir9)氏はビットコイン建てのリップル(XRP)価格に注目。

大きな下落トレンドへと転換した9月18日の水準を超えたことで急落が警戒されると喚起している。

(訳)この下落は残酷になりそうだ。

11月7日には、リップル(XRP)最大のファンダメンタルズ要因と言われるイベントSwell2019の開催が控えている、

Swell開催時の過去の値動きを振り返ると、今後1ヶ月ほどは変動の大きな相場となる可能性が高いと見られる。

 

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインオタクの公式Twitterアカウントはこちら!

【この記事を読んだ人がよく見る記事】