リップルは方向性が定まらず

14日5時現在のリップルの価格は0.254ドル(26.89円)、前日同時刻比で+0.8%の上昇となっている。

ここまでオレンジライン(0.258ドル:27.32円)とパープルライン(0.249ドル:26.37円)の間で上昇と下落を繰り返しているリップルは、未だに方向性が定まらない状況が続いている。

13日7時台に0.255ドル(27.00円)まで上昇したものの、そこから上昇が止まって推移が続き、13時台からは下落となった。

下落は19時台で終わり、20時台から14日1時台まで上昇が続いた。

しかし、2時台から下落傾向となっており、オレンジライン突破には時間がかかりそうな状況となっている。

(参考 TradingViewのXRPUSDチャート 1時間足)

リップルのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

リップルの今後が気になる方はこちらをチェック!!!↓↓↓

リップルは2019年最も成長の期待される仮想通貨のひとつです。なぜなら、リップルに関連するイベントやプロジェクトが一気に動き出すからです。今回はコインオタクがリップルの今後とjavascript:void(null);将来性について解説しま