【速報】仮想通貨は再び下落が続いてしまうのか ビットコイン(BTC)・リップル(XRP)・イーサリアム(ETH)


  atsusi

仮想通貨は危い価格推移となる

14日の仮想通貨市場はビットコイン・イーサリアムが下落、リップルは上昇となり昨日と反対の状況となっている。

どの通貨も下落基調が続いているため今後の推移には注意が必要になりそうだ。

では、それぞれの通貨を見ていこう。

 

ビットコイン(BTC)

14日5時現在のビットコインの価格は1,104,153円、前日同時刻比で-1.1%の下落となっている。

オレンジライン(108万円)から抜け出して上昇となったビットコインであったが、112万円まで上昇した後は下落傾向が続いている。

12日16時台から始まった上昇は23時台からやや落ち着いた後、13日2時台から再び上昇。
13日8時台には112万円台まで順調に上昇していった。

しかし9時台から下落が始まると、14時台には再び111万円台まで下落、15時台からはしばらく落ち着いていたものの、14日1時台から下落が再開した。

そこから現在まで下落が進んでおり、このままオレンジラインまで到達しそうな勢いとなっている。

(参考 TradingViewのBTCJPYチャート 1時間足)

ビットコインのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

ビットコインの今後が気になる方はこちらをチェック↓↓↓

ビットコインは今後どうなるか気になりますよね?この記事では、ビットコインの将来性が高い理由や、過去の価格暴落・高騰の歴史、今後を左右する要因、さらには著名人のビットコインの価格予想まで解説しています!
 

 

リップル(XRP)

14日5時現在のリップルの価格は0.254ドル(26.89円)、前日同時刻比で+0.8%の上昇となっている。

ここまでオレンジライン(0.258ドル:27.32円)とパープルライン(0.249ドル:26.37円)の間で上昇と下落を繰り返しているリップルは、未だに方向性が定まらない状況が続いている。

13日7時台に0.255ドル(27.00円)まで上昇したものの、そこから上昇が止まって推移が続き、13時台からは下落となった。

下落は19時台で終わり、20時台から14日1時台まで上昇が続いた。

しかし、2時台から下落傾向となっており、オレンジライン突破には時間がかかりそうな状況となっている。

(参考 TradingViewのXRPUSDチャート 1時間足)

リップルのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

リップルの今後が気になる方はこちらをチェック!!!↓↓↓

リップルは2019年最も成長の期待される仮想通貨のひとつです。なぜなら、リップルに関連するイベントやプロジェクトが一気に動き出すからです。今回はコインオタクがリップルの今後とjavascript:void(null);将来性について解説しま
 

 

イーサリアム(ETH)

14日5時現在のイーサリアムの価格は179.01ドル(18,958円)、前日同時刻比で-0.4%の下落となっている。

レッドライン(174ドル:18,429円)からの上昇を見せていたイーサリアムであったが、現在は下落傾向となっている。

12日16時台から始まった上昇は23時台から13日1時台までやや下落となるも、2時台から再び上昇を見せて6時台に182.01ドル(19,276円)に到達した。

しかし、7時台から下落が始まると、反発もできずそのまま下落が続いていった。

14日4時台にようやく下落が止まったので、レッドラインまで下落せずにここからの上昇に期待したい。

(参考 TradingViewのETHUSDチャート 1時間足)

イーサリアムのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

投稿日時:

著者: CoinOtaku 編集部 atsusi