仮想通貨は断続的な下落に警戒が必要

11日の仮想通貨市場は各通貨とも下落となっている。

特にビットコインとリップルはサポートラインを割り込む形となっているので、今後の推移が心配されるところだ。

では、それぞれの通貨を見ていこう。

 

ビットコイン(BTC)

11日5時現在のビットコインの価格は1,076,053円、前日同時刻比で-2.8%の下落となっている。

ここまでオレンジライン(108万円)を超えて推移が続いていたビットコインであったが、下落傾向が続いて遂にこのラインを割り込む形となった。

9日20時台に111.4万円まで上昇したが、21時台からは下落。

10日2時台からは落ち着きを取り戻して、6時台から上昇となった。

しかし、10日10時台から下落傾向が始まると、緩やかに続いていき価格を落とすこととなった。

そして11日4時台に109.4万円から107.6万円まで下落して、オレンジラインを割り込んだ。

今後は下落が続けばパープルライン(102万円)も意識されることになりそうだ。

(参考 TradingViewのBTCJPYチャート 1時間足)

ビットコインのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

ビットコインの今後が気になる方はこちらをチェック↓↓↓

ビットコインは今後どうなるか気になりますよね?この記事では、ビットコインの将来性が高い理由や、過去の価格暴落・高騰の歴史、今後を左右する要因、さらには著名人のビットコインの価格予想まで解説しています!
 

 

リップル(XRP)

11日5時現在のリップルの価格は0.256ドル(27.11円)、前日同時刻比で-1.2%の下落となっている。

ここまで何度かオレンジライン(0.258ドル:27.32円)で反発を繰り返していたリップルであったが、今回の下落ではこのサポートラインが機能せず下落が進んでいる。

10日5時台にオレンジラインまで下落が進んだものの、6時台に反発して上昇となった。

17時台と18時台に一旦下落したが、19時台から上昇して21時台には0.262ドル(27.74円)まで価格を伸ばした。

しかし、22時台から下落が始まると、下落が止まらず11日4時台にはオレンジラインを割り込む形となった。

現在も下落が続いており、今後の下落にも引き続き注意が必要となりそうだ。

(参考 TradingViewのXRPUSDチャート 1時間足)

リップルのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

リップルの今後が気になる方はこちらをチェック!!!↓↓↓

リップルは2019年最も成長の期待される仮想通貨のひとつです。なぜなら、リップルに関連するイベントやプロジェクトが一気に動き出すからです。今回はコインオタクがリップルの今後とjavascript:void(null);将来性について解説しま
 

イーサリアム(ETH)

11日5時現在のイーサリアムの価格は178.25ドル(18,878円)、前日同時刻比で-1.5%の下落となっている。

ビットコインとリップルがサポートラインを割り込んだものの、イーサリアムは何とかレッドライン(174ドル:18,429円)を割らずに推移を続けている。

10日5時台まで下落が続いたが、6時台から回復を見せて価格は上昇。

その後は11時台から下落が始まると、下落の流れは止まらずに価格を落としていく形となった。

11日4時台には一時175.84ドル(18,623円)まで下落するなど、レッドラインに近づきつつある。

現在はこのラインを割り込んでいないものの、今後の推移次第ではレッドラインを割り込む可能性がありそうだ。

(参考 TradingViewのETHUSDチャート 1時間足)

イーサリアムのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓