仮想通貨はそろって反発

昨夜の時点ではサポートライン近辺で軟調に推移していた仮想通貨市場は、今日に入るとそろって反発した。

リップルではディセンディングトライアングルの形成が進んでいると見られ、サポートライン割れしたあとの大きな下落に警戒したい。

それぞれの通貨を見ていこう。

 

ビットコイン(BTC)

10日18時現在のビットコインの価格は110万0628円、前日同時刻比で+1.39%の上昇となっている。

昨日17時には一時オレンジライン(108万円)を下抜けたが、その後上昇。

今日は同ラインより上で安定して推移した。

昨夜18時、20時と相次いで急騰。

110万円を上回って112万5000円まで値を伸ばした。

21時からは段々と下落して109万0010円まで値を落としたが、小幅に反発。

その後は110万円から111万円台で値動きした。

18時現在は下落傾向にあるが、もう一度、オレンジライン近辺で反発すれば底堅い地合いとなるだろう。

オレンジラインを明確に下回った場合は紫ライン(102万円)まで下落することが意識される。

(参考 TradingViewのBTCJPYチャート 1時間足)

CoinOtakuの無料サロンで投資を学ぶ!

ビットコインのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

ビットコインの今後が気になる方はこちらをチェック↓↓↓

ビットコインは今後どうなるか気になりますよね?この記事では、ビットコインの将来性が高い理由や、過去の価格暴落・高騰の歴史、今後を左右する要因、さらには著名人のビットコインの価格予想まで解説しています!
 

 

リップル(XRP)

10日18時現在のリップルの価格は0.26107ドル(28.02円)、前日同時刻比で*0.66%の小幅な上昇となっている。

リップル相場はディセンディングトライアングルの傾斜を描きなおすように推移し、オレンジライン(0.258ドル:27.32円)割れしたあとの急落が依然、警戒される。

昨夜18時台に+1.25%の大きな上昇を見せ、最大で0.26556ドル(28.50円)まで値を伸ばした。

21時ごろからは反動で下落に見舞われたが、今日6時ごろオレンジライン近辺で反発を開始。

この水準では買い方が強いようだ。

しかし、今度は直近高値を更新できず0.26341ドル(28.27円)で反落。

相場はディセンディングトライアングルから脱していないようだ。

オレンジラインを明確に下抜けると紫ライン(0.249ドル:26.37円)まで下落する可能性がある。

(参考 TradingViewのXRPUSDチャート 1時間足)

CoinOtakuの無料サロンで投資を学ぶ!

リップルのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

リップルの今後が気になる方はこちらをチェック!!!↓↓↓

リップルは2019年最も成長の期待される仮想通貨のひとつです。なぜなら、リップルに関連するイベントやプロジェクトが一気に動き出すからです。今回はコインオタクがリップルの今後とjavascript:void(null);将来性について解説しま
 

 

イーサリアム(ETH)

10日18時現在のイーサリアムの価格は182.16ドル(19,551円)、前日同時刻比で+1.76%の上昇となっている。

昨夜17時台から上昇が続き、直近高値を更新。

レッドライン(174ドル:18,429円)を上放れつつある。

昨夜17時ごろから20時ごろまで+0.6%を超える強い上昇が続き、一時186.57ドル(20,024円)まで値を伸ばした。

21時ごろから今朝5時ごろまでは反落に見舞われたが、6時ごろから反発。

安値を切り上げて180ドル台をすぐに回復した。

18時現在、陰線をつけているが、この下落が180ドルを下回らずに反発に転じれば、相場は上昇トレンドと言える。

とは言え、186ドルより上では下押し圧力が強く、すぐの水色ライン(197ドル:20,911円)到達は難しいだろう。

(参考 TradingViewのETHUSDチャート 1時間足)

CoinOtakuの無料サロンで投資を学ぶ!

イーサリアムのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

\無料アプリを使って/

価格の変動を素早くチェック!