アラブ首長国連邦(UAE)で初となる、金に価値を裏打ちされた仮想通貨「COIN M」が発行されると、海外メディアが報じた。

この仮想通貨はイスラム法(シャリア)に準拠しており、2019年内でのUAE仮想通貨市場参入を目指す。

新規ユーザーの参入しやすい仮想通貨に

今回新たに誕生する「COIN M」はビットコインのような仮想通貨と異なり、その価値は実在の金資産により裏付けられている

そのため、裏付けに使われた金資産以上に価値が下がることがなく、「暴落して価値がなくなる」ということは起こりづらい

このような特徴から、極端な暴落を恐れる仮想通貨初心者にも手が出しやすいものとなるだろう。

 

だがその一方で、裏付けとなる資産を管理し、トークン発行を行う運営企業の存在から、中央集権や、資産管理が不適切である可能性などの不安要素も存在している。

実際に、米ドルにその資産価値を裏付けられていたTether(USDT)は何度もその運営会社が問題となっている

UAEは、今年4月の時点で全世界のトークンセール売上の四分の一以上を占めた仮想通貨大国だ。

このプロジェクトが成功すれば、中東マネーを引き込む役どころに期待できるだろう。