仮想通貨は厳しい展開が続く

10日の仮想通貨市場は昨日同様にビットコイン・リップルが下落、イーサリアムが上昇となっている。

どの通貨も上昇の力強さがない状態であり、今後も苦戦が続きそうだ。

では、それぞれの通貨を見ていこう。

 

ビットコイン(BTC)

10日5時現在のビットコインの価格は1,105,652円、前日同時刻比で-0.1%の下落となっている。

ここ数日間調子の上がらないビットコインは、一時オレンジライン(108万円)を割り込んでしまう危うい事態となった。

9日10時台から下落が始まると、勢いがついて16時台には一時108万円、17時台には107.7万円と一時的ではあるものの、それぞれオレンジラインを下回ることとなった。

18時台からは上昇を見せて、20時台には111.4万円まで上昇して価格を回復させた。

しかし、21時台からは下落傾向となり、再び価格を落とす形となった。

10日2時台からは持ち直してはいるものの、今後の下落には注意が必要だ。

(参考 TradingViewのBTCJPYチャート 1時間足)

ビットコインのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

ビットコインの今後が気になる方はこちらをチェック↓↓↓

ビットコインは今後どうなるか気になりますよね?この記事では、ビットコインの将来性が高い理由や、過去の価格暴落・高騰の歴史、今後を左右する要因、さらには著名人のビットコインの価格予想まで解説しています!
 

 

リップル(XRP)

10日5時現在のリップルの価格は0.259ドル(27.42円)、前日同時刻比で-0.8%の下落となっている。

8日に乱高下が始まったリップルは、未だに先行きの見えない推移が続いている。

9日5時台に0.259ドルまで下落してサポートラインを割りかけたものの、6時台から上昇して何とか難を逃れた。

しかし、9時台には下落となって、16時台にはオレンジライン(0.258ドル:27.32円)を割り込む事態となった。

17時台からは回復に向かい、20時台には一時0.265ドルまで上昇を記録して躍進したものの、10日0時台から下落が始まり、再度オレンジラインが目前まで迫っている。

方向性が定まらない状況が続いており、今後も苦戦を強いられることとなりそうだ。

(参考 TradingViewのXRPUSDチャート 1時間足)

リップルのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

リップルの今後が気になる方はこちらをチェック!!!↓↓↓

リップルは2019年最も成長の期待される仮想通貨のひとつです。なぜなら、リップルに関連するイベントやプロジェクトが一気に動き出すからです。今回はコインオタクがリップルの今後とjavascript:void(null);将来性について解説しま
 

 

イーサリアム(ETH)

10日5時現在のイーサリアムの価格は181ドル(19169円)、前日同時刻比で+0.4%の上昇となっている。

ここまでレッドライン(174ドル:18,429円)を超えて推移しているイーサリアムは、現在もこのラインを超えて推移している。

9日11時台から下落が始まり、16時台には一時176.37ドル(18,679円)まで下落となってレッドラインまでの下落が危ぶまれたが、何とか下落を止めて17時台からは上昇へと転じた。

20時台には183.41ドル(19,424円)まで上昇を記録したものの、そこからは下落傾向となって現在まで続いている。

(参考 TradingViewのETHUSDチャート 1時間足)

イーサリアムのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓