仮想通貨は前日の下落を取り返す

8日の仮想通貨市場はリップル・イーサリアムが大きく躍進、ビットコインも上昇となっている。

ここまでビットコイン主導となっていただけに、今後のアルトコイン復調に期待したい。

では、それぞれの通貨を見ていこう。

 

ビットコイン(BTC)

8日5時現在のビットコインの価格は1,121,979円、前日同時刻比で+0.9%の上昇となっている。

7日2時台に急落したビットコインは、何とか下落の流れを止めて上向きに推移している。

2時台から始まった下落は8時台に110.3万円をつけると、そこで底を打つこととなった。

9時台からは大きな変化なく推移して膠着状態が続く形となった。

膠着状態からの下落も危ぶまれたが、22時台からは上昇が始まって1時台まで価格を伸ばした。

8日2時台・3時台はやや価格が下落したものの、その後は現在まで落ち着いて推移が続いている。

今後は再度120万円に向けての上昇に期待したい。

(参考 TradingViewのBTCJPYチャート 1時間足)

ビットコインのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

ビットコインの今後が気になる方はこちらをチェック↓↓↓

ビットコインは今後どうなるか気になりますよね?この記事では、ビットコインの将来性が高い理由や、過去の価格暴落・高騰の歴史、今後を左右する要因、さらには著名人のビットコインの価格予想まで解説しています!
 

 

リップル(XRP)

8日5時現在のリップルの価格は0.262ドル(27.74円)、前日同時刻比で+3.8%の上昇となっている。

7日1時台からの下落で大きく価格を落としたリップルであったが、下落以上の上昇を見せて価格を伸ばすことに成功した。

7日1時台にオレンジライン(0.258ドル:27.32円)を割り込んで、2時台には大きな下落でパープルライン(0.249ドル:26.37円)まで近づいた。

さらに5時台には一時0.247ドル(26.15円)まで下落してパープルラインを割り込む動きを見せた。

その後はパープルラインの上で推移が続き、18時台から上昇の動きを見せ始めた。

20時台から大きく動き始めると、23時台にはオレンジラインを突破して8日3時台には0.262ドル(27.74円)まで価格を伸ばすことに成功した。

このまま上昇を継続して長らく到達していない水色ライン(0.285ドル:31.58円)までの上昇を期待したい。

(参考 TradingViewのXRPUSDチャート 1時間足)

リップルのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

リップルの今後が気になる方はこちらをチェック!!!↓↓↓

リップルは2019年最も成長の期待される仮想通貨のひとつです。なぜなら、リップルに関連するイベントやプロジェクトが一気に動き出すからです。今回はコインオタクがリップルの今後とjavascript:void(null);将来性について解説しま
 

 

イーサリアム(ETH)

8日5時現在のイーサリアムの価格は179.13ドル(18,971円)、前日同時刻比で+4.9%の上昇となっている。

7日2時台にレッドライン(174ドル:18,429円)を割り込んだイーサリアムであったが、その後の大幅上昇で再度このラインを突破することに成功した。

7日2時台から下落が続き、5時台には一時165.30ドル(17,506円)までの下落を記録した。

その後は落ち着いて推移が進み、20時台から上昇が見られた。

上昇は続き8日0時台にレッドラインに到達すると、1時台にはさらに大きな上昇で価格を伸ばすこととなった。

現在はやや落ち着いているものの、今回の上昇を機に更なる飛躍に期待したい。

(参考 TradingViewのETHUSDチャート 1時間足)

イーサリアムのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓