仮想通貨の犯罪転用を検知するソフトウェアの開発企業がアジアでの事業拡大のため、約24億円の資金を調達した。

仮想通貨に的を絞ったセキュリティ企業の発展は市場の信頼性や透明性を向上させ、仮想通貨のさらなる普及につながることが見込まれる。

仮想通貨のセキュリティ先進企業がSBIグループと手を組む

仮想通貨の犯罪転用を防止するソフトウェアを開発している英Elliptic社が日本のSBIグループ傘下ブロックチェーン投資ファンドなどから新たに2300億ドル(約24億円)の資金を調達したとYAHOO! Entertainmentが報じた

日本とシンガポールに新たな拠点をつくり、仮想通貨の利用が増えるアジア圏での展開を加速させる。

Elliptic社は2014年に世界で初めて仮想通貨の取引を監視するシステムを開発

1日に数十億ドルの取引を監視、マネーロンダリングやテロ資金供与、経済制裁回避などの違法行為を検知し、経路の捕捉や犯人の特定を行うソリューションを提供している。

Elliptic社のような高い技術を持った専門家の力を借りることで、仮想通貨事業者は高度な違法行為対策を簡単、確実、迅速に行うことができる。

このことは仮想通貨市場の信頼性や透明性を向上させ、仮想通貨のいっそうの普及につながると考えられる。

SBIグループとのシナジーにより、日本の金融機関が仮想通貨事業に積極的に参入できる地盤が固まりつつある。

仮想通貨市場で存在感を失ってしまった日本が、再び「仮想通貨大国」となる日が迫っている。

 

参考

SBIホールディングス株式会社プレスリリース(https://www.sbigroup.co.jp/news/2019/0904_11655.html)

Elliptic社プレスリリース(https://www.prnewswire.com/in/news-releases/crypto-pioneer-elliptic-raises-23-million-to-fuel-expansion-in-asia-882955115.html)

 

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!