インドで仮想通貨が投資対象として第4位に

Hurun Indiaのレポートから引用しインド人富裕層の10%が今後三年間で仮想通貨投資へに参入を計画しており、仮想通貨は不動産、株式、債券に次ぎ、4番目に人気があるとEWNが報じた。

インドでは仮想通貨の禁止を定める法案の提出インド最高裁による仮想通貨規制反対の嘆願書心理を代表例に仮想通貨市場に対する風当たりが強い印象だが、インド人投資家らは仮想通貨を次の投資対象として視野に入れている。

仮想通貨市場に今後三年間で参入すると回答したインド人富裕層のうち、多数はビットコインを優先的に購入し、後にイーサリアムやXRPを考えているようだ。

インドでアルトコインの普及はあり得るか?

著名アナリストであるPomp氏は「全てのアルトコインは流動性を失い、最終的には価値を失うと考えている。」と自身のツイッターで述べている。

インドにおけるアルトコイン需要は、世界のアルトコイン需要から大きく影響を受けており、他国も例外ではない。

2017年はアルトコイン需要が活況であり、アルトコインファーストとも言える年だったが、ビットコインドミナンスが2018年初頭に32%で底を打って以来著しく回復、現在は69%に達しアルトコイン需要に圧力をかけている。

実際最近数か月で、取引所は低品質または人気のない仮想通貨を廃止する大量のプロセスを開始しつつある。

例を挙げるとBittrexは今年、米国のクライアント向けの約50のアルトコインを廃止した。

インドの仮想通貨市場への本格参入によって、市場の活発化に更なる期待がかかるものの、アルトコインへ恩恵が持たされるかは懐疑的である。

今後もインドにおける仮想通貨に対する法改正や取り組みに注目だ。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!