昨年のアメリカのGoogleトレンドでは、「リップル 購入方法」の検索数が「ビットコイン 購入方法」の検索数より大幅に上回った。

アメリカでのリップル人気が加速している。

アメリカのリップル人気が加速

昨年のアメリカのGoogleトレンドでは、「リップル 購入方法」の検索数が「ビットコイン 購入方法」の検索数より大幅に上回っていたと仮想通貨メディアであるCryptoDaily紙が報じた

つまり単純に考えると、ビットコインを購入しようと考える人数よりリップルを購入しようと考える人数のほうが明らかに多いということだ。

実際、リップル界隈ではビットコインを既に時代遅れのテクノロジーだと批判する声も少なくない。

しかし、これはあくまでアメリカ国内での話だ。

確かにアメリカ国内でのリップル人気は加速している。

だがアメリカ国外に目を向けてみると、まだまだ「ビットコイン 購入方法」の検索数のほうが多いのだ

かく言う日本でも「リップル」の検索数より「ビットコイン」の検索数のほうが明らかに多い

リップルが仮想通貨の実権を握るにはまだ道のりが長そうだ。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!