仮想通貨は一旦底打ちしたか

主要3通貨は昨日比でいずれも反発した。

しかし、レジスタンスラインが迫っていることから上伸の余地は乏しく、今後も下落が警戒される。

それぞれの通貨を見ていこう。

 

ビットコイン(BTC)

16日18時現在のビットコインの価格は107万0969円、前日同時刻比で+2.54%の上昇となっている。

一度はオレンジライン(108万円)を上抜ける堅調さを見せたものの再びオレンジラインを割り込み、紫ライン(102万円)に迫った。

ビットコイン相場は昨夜20時ごろオレンジラインを一時上抜けた。

21時台になると反落するもオレンジラインすぐ下で推移し、今朝5時ごろ+2.71%の急騰でオレンジラインを突破。

110万円を超える場面も見られた。

しかし、13時台から2時間連続して-2%以上の急落に見舞われるとオレンジラインを下抜ける。

14時ごろには103万円台をつけたが、ここで下げ止まり反発。

18時現在、オレンジラインを目指して再上昇中だ。

オレンジラインで跳ね返されたとしても紫ラインで反発が見られると予想される。

(参考 TradingViewのBTCJPYチャート 1時間足)

CoinOtkauの無料サロンで投資を学ぶ!

ビットコインのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

ビットコインの今後が気になる方はこちらをチェック↓↓↓

ビットコインは今後どうなるか気になりますよね?この記事では、ビットコインの将来性が高い理由や、過去の価格暴落・高騰の歴史、今後を左右する要因、さらには著名人のビットコインの価格予想まで解説しています!
 

 

リップル(XRP)

16日18時現在のリップルの価格は0.26119ドル(27.80円)、前日同時刻比で+0.55%の小幅な上昇となっている。

昨日未明、1時間で-11%近く値を落とした急落の余波が濃く、下の紫ライン(0.249ドル:26.37円)近辺から抜け出せないでいる。

昨日と比べればまだ穏やかだったものの今日の相場も下落基調だった。

0.27ドル(28.74円)を上回る機会は巡ってこず、8時ころから15時ころまで下落が続いた。

現在は0.26ドル(27.67円)台まで回復したが、0.25ドル(26.61円)台まで値を下げる時間もあり、引き続き下落が警戒される。

紫ラインを割るとオレンジライン(0.236ドル:25.00円)まで下落する可能性があることに留意されたい。

(参考 TradingViewのXRPUSDチャート 1時間足)

CoinOtkauの無料サロンで投資を学ぶ!

リップルのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

リップルの今後が気になる方はこちらをチェック!!!↓↓↓

リップルは2019年最も成長の期待される仮想通貨のひとつです。なぜなら、リップルに関連するイベントやプロジェクトが一気に動き出すからです。今回はコインオタクがリップルの今後とjavascript:void(null);将来性について解説しま
 

 

イーサリアム(ETH)

16日18時現在のイーサリアムの価格は184.34ドル(19,620円)、前日同時刻比で+1.88%の上昇となっている。

レッドライン(174ドル:18,429円)で下げ止まり、反発が見られたイーサリアム相場は189.63ドル(20,183円)まで値を伸ばしたものの190ドルには手が届かなかった。

8時台に日通し高値をつけたあとは反落。

17時台には再び180ドルを割り込む場面が見られた。

ブルーのレジスタンスラインが間近に迫っていることから上値は重いと見られ、今後も下落が警戒される。

レッドラインを下抜けたときは144ドル(15,327円)までサポートがなく、急落の恐れがある。

(参考 TradingViewのETHUSDチャート 1時間足)

CoinOtkauの無料サロンで投資を学ぶ!

イーサリアムのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

\無料アプリを使って/

価格の変動を素早くチェック!