仮想通貨は今後の回復を見せられるか

16日の仮想通貨市場は昨日の暴落後から落ち着きを取り戻しつつある。

しかし、上昇トレンドには至っていないので今後も引き続き下落には注意が必要になりそうだ。

では、それぞれの通貨を見ていこう。

ビットコイン(BTC)

16日5時現在のビットコインの価格は1,071,533円、前日同時刻比で-0.3%の下落となっている。

ここまで下落が続いていたビットコインは100万円台で何とか反発を見せた。

15日3時台からオレンジライン(108万円)で推移が続いていたものの、8時台にはオレンジラインとグリーンライン(サポートライン)を割り込む動きを見せた。

さらに10時台から下落が始まり、15時台には一時パープルライン(102万円)を割り込んで100万円台まで下落した。

その後はパープルラインで反発し、20時台からはグリーンライン付近での推移が続いている。

(参考 TradingViewのBTCJPYチャート 1時間足)

ビットコインのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

ビットコインの今後が気になる方はこちらをチェック↓↓↓

ビットコインは今後どうなるか気になりますよね?この記事では、ビットコインの将来性が高い理由や、過去の価格暴落・高騰の歴史、今後を左右する要因、さらには著名人のビットコインの価格予想まで解説しています!
 

リップル(XRP)

16日5時現在のリップルの価格は0.263ドル(28.44円)、前日同時刻比で±0%で前日変わらない状況となっている。

15日2時台にオレンジライン(0.236円:25円)までの大暴落を見せたリップルであったが、やや落ち着きを取り戻しつつある。

3時台から上昇へと転じて7時台には0.270ドル(29.20円)まで回復した。

しかし、8時台からは下落となって、15時台に一時パープルライン(0.249ドル:26.37円)まで下落となった。

その後は反発して現在は水色ライン(0.285ドル:31.58円)とパープルラインの中間あたりで推移が続いている。

(参考 TradingViewのXRPUSDチャート 1時間足)

リップルのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

リップルの今後が気になる方はこちらをチェック!!!↓↓↓

リップルは2019年最も成長の期待される仮想通貨のひとつです。なぜなら、リップルに関連するイベントやプロジェクトが一気に動き出すからです。今回はコインオタクがリップルの今後とjavascript:void(null);将来性について解説しま
 

イーサリアム(ETH)

16日5時現在のイーサリアムの価格は185ドル(20,072円)、前日同時刻比で-0.9%の下落となっている。

15日1時台にレッドライン(197ドル:20,911円)を割る暴落を記録したイーサリアムは、5時台から7時台にかけて持ち直したものの、8時台から更なる下落に見舞われることとなった。

15時台には一時レッドライン(174ドル:18,429円)まで下落して更なる下落が懸念されたが、16時台には反発して上昇が続き、現在は両レッドラインの中間地点で推移している。

何とか回復を見せたものの、今後も引き続き下落には注意が必要になりそうだ。

(参考 TradingViewのETHUSDチャート 1時間足)

イーサリアムのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!