仮想通貨はこの大暴落から抜け出せるか

15日の仮想通貨市場はビットコインが-8.1%の暴落、リップルとイーサリアムは-10%以上の大暴落を記録した。

急激な下落で今後の雲行きが非常に悪くなってきたため、今後の下落に注意が必要となりそうだ。

では、それぞれの通貨を見ていこう。

 

ビットコイン(BTC)

15日5時現在のビットコインの価格は1,075,100円、前日同時刻比で-8.1%の下落となっている。

ここ数日下落が続いていたビットコインは止まることなくオレンジライン(108万円)を割る展開となった。

14日2時台から115万円台で推移していたが、9時台・10時台と下落して112万円台まで価格を落とした。

その後はやや下落は落ち着いたものの、23時台から再び下落が始まり、グリーンライン(サポートライン)の効果もなく15日3時台にはオレンジラインを割り込む状況となった。

今後は次のパープルライン(102万円)が意識されることとなるが、それを割り込むと100万円台を割る展開になりそうだ。

(参考 TradingViewのBTCJPYチャート 1時間足)

ビットコインのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

ビットコインの今後が気になる方はこちらをチェック↓↓↓

ビットコインは今後どうなるか気になりますよね?この記事では、ビットコインの将来性が高い理由や、過去の価格暴落・高騰の歴史、今後を左右する要因、さらには著名人のビットコインの価格予想まで解説しています!
 

 

リップル(XRP)

15日5時現在のリップルの価格は0.263ドル(28.44円)、前日同時刻比で-12.2%の下落となっている。

ここまでオレンジライン(0.307ドル:34.01円)とパープルライン(0.295ドル:31.91円)の間で推移していたリップルであったが、一日で状況が変わってしまった。

13日23時台からパープルライン上で推移していき、14日17時台から下落が始まってこのラインを割り込み、水色ライン(0.285ドル:31.58円)に向かうことになった。

15日2時台には水色ラインを割り込み、一時パープルライン(0.247ドル:26.61円)も割り込む大暴落を見せて、ついに30円台割ってしまった。

現在はやや上昇しているものの、これからの下落に注意が必要となりそうだ。

(参考 TradingViewのXRPUSDチャート 1時間足)

リップルの注目ニュースはこちらから↓↓↓

リップルの今後が気になる方はこちらをチェック!!!↓↓↓

リップルは2019年最も成長の期待される仮想通貨のひとつです。なぜなら、リップルに関連するイベントやプロジェクトが一気に動き出すからです。今回はコインオタクがリップルの今後とjavascript:void(null);将来性について解説しま
 

 

イーサリアム(ETH)

15日5時現在のイーサリアムの価格は186.66ドル(20,252円)、前日同時刻比で-11.7%の下落となっている。

ここまでグリーンライン(213ドル:23,453円)のやや下で推移していたイーサリアムであったが、そこから大暴落を記録することとなった。

14日9時台からブルーライン(レジスタンスライン)に沿って下落が始まると、15日1時台にはレッドライン(197ドル:20,911円)を割る暴落を記録した。

さらに2時台にはその下のレッドライン(188ドル:20,833円)も一時割る展開となった。

現在は何とかレッドライン(188ドル:20,833円)で価格を保っているものの、ここを割れば更なる下落へと続いていくだろう。

(参考 TradingViewのETHUSDチャート 1時間足)

イーサリアムのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

【注目ニュース】

\無料配信中/

価格変動を逃さずチェック!