仮想通貨は下落基調に逆戻りか

22日の仮想通貨市場は各通貨とも下落となった。

今後の推移には注意が必要になりそうだ。

では、それぞれの通貨を見ていこう。

 

ビットコイン(BTC)

22日5時現在のビットコインの価格は1,123,520円、前日同時刻比で-4.7%の下落となっている。

ここまで堅調な推移を続けていたビットコインであったが、下落に転じてしまった。

20日22時台から始まった上昇は順調に続いていき、21日8時台には119.5万円をつけて水色ライン(120万円)まであと一歩のところとなった。

しかし、そこからは下落へと転じ、15時台に一旦落ち着きを見せたものの、19時台にはさらに下落して少しずつオレンジライン(108万円)に向かっている状況だ。

今後は再度上昇に転じて水色ラインに向かうことを期待したい。

(参考 TradingViewのBTCJPYチャート 1時間足)

ビットコインのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

ビットコインの今後が気になる方はこちらをチェック↓↓

ビットコインは今後どうなるか気になりますよね?この記事では、ビットコインの将来性が高い理由や、過去の価格暴落・高騰の歴史、今後を左右する要因、さらには著名人のビットコインの価格予想まで解説しています!
 

 

リップル(XRP)

22日5時現在のリップルの価格は0.325ドル(35.27円)、前日同時刻比で-3.1%の下落となっている。

20日22時台から上昇を見せたリップルは、21日5時台にピンクライン(0.339ドル:36.80円)に到達。

勢いに乗ってそのまま突破するかに思われたが、8時台からは下落へと転じることとなった。

下にはブルーライン(サポートライン)があったものの、ここで下落は止まらずに22時台に割り込む形となった。

22日3時台には反発して、現在はサポートラインの上で推移を続けている。

今後はサポートラインと共に上昇していくことを期待したい。

(参考 TradingViewのXRPUSDチャート 1時間足)

リップルのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

リップルの今後が気になる方はこちらをチェック!!!↓↓↓

リップルは2019年最も成長の期待される仮想通貨のひとつです。なぜなら、リップルに関連するイベントやプロジェクトが一気に動き出すからです。今回はコインオタクがリップルの今後とjavascript:void(null);将来性について解説しま
 

 

イーサリアム(ETH)

22日5時現在のイーサリアムの価格は219.37ドル(23,801円)、前日同時刻比で-5.6%の下落となっている。

21日1時台に水色ライン(235ドル:25,505円)に到達したイーサリアムは、このラインの反発に遭い、突破できずに下落となった。

8時台には下落に転じて、水色ラインからピンクライン(225ドル:24,532円)付近まで下落、11時台にはピンクラインを完全に下回る形となった。

その後はしばらくこのライン付近での推移が続いたが、21時台からは更に下落が始まり、次のサポートラインであるグリーンライン(213ドル:23,453円)に向かっている状況だ。

(参考 TradingViewのETHUSDチャート 1時間足)

イーサリアムのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓