リップル(XRP)は上昇相場だがレジスタンスラインで反落

21日18時現在のリップルの価格は0.33033ドル(35.58円)、前日同時刻比+1.35で%の上昇となっている。

深夜に大きな上昇があり早朝にはピンクライン(0.339ドル:36.80円)にタッチする場面も見られたが、反落して上昇分はほぼ打ち消されることとなった。

上昇のきっかけは1時に現れた。

+1.79%の陽線をつけ一気に価格をピンクライン近くに押し上げた。

小幅な反落を挟み5時台に再度上昇。

6時台にはピンクラインを超え、0.34ドル台(36.63円)を回復する場面も見られた。

しかし、8時台に-1.75%の下落があり、ピンクラインから遠ざかると11時台にも下落し、午前の上昇分を取り消すような展開に。

0.32600ドル(35.12円)で底を打つと、現在までじわじわと上昇を続けている。

相場は段々と安値を切り上げており、上昇トレンドにあると言えるだろう。

改めてピンクラインを超えることができるかに注目したい。

(参考 TradingViewのXRPUSDチャート 1時間足)

CoinOtkauの無料サロンで投資を学ぶ!

リップルのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

リップルの今後が気になる方はこちらをチェック!!!↓↓↓

リップルは2019年最も成長の期待される仮想通貨のひとつです。なぜなら、リップルに関連するイベントやプロジェクトが一気に動き出すからです。今回はコインオタクがリップルの今後とjavascript:void(null);将来性について解説しま