メキシコの仮想通貨取引所がラテンアメリカで初めてリップル社のxRapid技術を導入した。

同取引所はラテンアメリカ地域のフィンテックを推進していく意欲を示しており、xRapidの導入拡大が見込まれる。

リップル社のxRapidがラテンアメリカの取引所に初上陸

メキシコを拠点とする仮想通貨取引所Bitsoはラテンアメリカの取引所として初めてリップル社のxRapidを導入するとFX情報サイトFXSTREETが報じた

xRapidとはリップル(XRP)を仲介にすることで国際送金を高速、格安かつ低リスクで行うことができる技術だ。

今回の導入により、Bitsoのユーザーは強靭で安全性の高い環境で取引を行うことができる。

また、Bitsoはメキシコのフィンテック法制定に向けた取り組みにも積極的に関わっていくとしており、ラテンアメリカ地域のフィンテック業界を前進させる意欲を示している。

Bitsoの活動によってxRapidの導入がラテンアメリカのフィンテックのスタンダードとなるかもしれない。

そうなれば、リップル社の世界進出はさらに勢いを増すだろう。

 

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!

コインオタクではアプリ上でも、仮想通貨の速報ニュースをかかさず配信しています!

もちろん無料で使用することができ、全てのニュースを簡単に見ることができます!

さらにアプリ内では、投資に必要な知識から高度なテクニカル分析まで配信中!

 

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!