仮想通貨市場は相場操縦への対抗策を導入しはじめた

仮想通貨市場の健全化の取り組みをお伝えしたい。

取引量の95%は自作自演とする衝撃的な報告がなされている仮想通貨市場で、カルダノ(ADA)は相場操縦に対応すべく新たな技術を導入しているとBeinCryptoが伝えた

仮想通貨市場では「クジラ」と呼ばれる大口投資家による相場操縦が問題となっている。

相場操縦とは例えば、クジラが数十億円規模に及ぶ大量の買いを入れることで価格を釣り上げ、他の投資家がつられて買いを入れたところで高値で売り抜けるようなケースが挙げられる。

外国為替のように取引量が十分に大きければ一投資家が相場を操作することは難しいが、仮想通貨の市場規模は未発達なためこの手法が可能になってしまっている。

相場操縦が原因でビットコインで運用されるETF(上場投資信託)には認可が下りていない。

さらに、ビットコインに比べて市場の小さいアルトコインはより相場操縦しやすく、場合によってはコインの存続を脅かすほどの脅威だ。

冒頭で述べた取引所内部で売買を行う自作自演の目的は、流動性を増やして相場操縦に対処することだ。

(関連記事)

​ビットコイン取引高の約95%が仮想通貨取引所による架空の取引だったというレポートが発表され、話題になっている。しかしBitWise社の調査によれば、このことによってビットコイン価格の健全性を維持する効果もあったのだという。
 

カルダノ財団が運営するADAコインはフィンゲノム社Algozを使ってこの脅威に対処している。

Algozは市場の流動性を高めてクジラやシステムエラーによる相場操縦の危険を低減するソフトウェアだ。

BinanceやBitfinex、OKExなど世界中で20以上の取引所に取り入れられている。

カルダノの取引量はビットコインの0.8%ほどしかないが、Algozによりビットコイン市場と同等の流動性と価格安定性を保っているという。

カルダノ財団は、ADAプロジェクトは不正に価格を釣り上げられるのを望まない、という力強いメッセージを送っている。

より多くのプロジェクトが同様の手法をとれば取引所による自己売買は目に見えて減少するだろう。

相場操縦を排除できて初めて仮想通貨市場は株式市場や外国為替市場と同じレベルに立つことができると言える。

このような取り組みによって、仮想通貨市場がより多くの人に公平に利益を出す機会を与えてくれる市場へと成長することを願う。

 

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!

コインオタクではアプリ上でも、仮想通貨の速報ニュースをかかさず配信しています!

もちろん無料で使用することができ、全てのニュースを簡単に見ることができます!

さらにアプリ内では、投資に必要な知識から高度なテクニカル分析まで配信中!

 

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!