仮想通貨は下落を食い止められるか

12日の仮想通貨市場は昨日に続き大荒れ模様となった。

特にリップルに関しては2日連続で-9%を記録しており、対応に追われた投資家も多いだろう。

仮想通貨のボラティリティの高さが改めて露呈される2日間となった。

またトランプ大統領の発言が波紋を呼び、今後のマーケットがやや不安視されている。

では、それぞれの通貨を見ていこう。

ビットコイン(BTC)

12日5時現在のビットコインの価格は1,261,428円、前日同時刻比で-3.7%の下落となっている。

11日23時台から始まった下落は5時台に126.4万円まで下落して、ピンクライン(128万円)を割り込む事態となった。

そこから若干の反発を見せてピンクラインを上回ったものの、11日12時台から下落して、13時台には121.2万円まで下落となった。

その後はピンクラインが意識される展開となっており、突破できずに横ばいの状態が続いている。

今後はオレンジライン(108万円)まで下落しないか注意が必要となりそうだ。

(参考 TradingViewのBTCJPYチャート 1時間足)

ビットコインのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

ビットコインの今後が気になる方はこちらをチェック↓↓↓

ビットコインは今後どうなるか気になりますよね?この記事では、ビットコインの将来性が高い理由や、過去の価格暴落・高騰の歴史、今後を左右する要因、さらには著名人のビットコインの価格予想まで解説しています!
 

 

リップル(XRP)

12日5時現在のリップルの価格は0.328ドル(35.92円)、前日同時刻比で-9.1%の下落となっている。

11日0時台にブラックライン(0.361ドル:39.11円)を割り込んだリップルはその後、11時台までこのラインに沿って推移していた。

しかし、12時台から更に暴落が始まり、13時台には一時0.316ドルを記録してピンクライン(0.339ドル:36.80円)を飛び越えてグリーンライン(0.318ドル:35.24円)さえも割り込むこととなった。

その後はピンクライン付近での推移が続いているが、12日0時台から下落の気配がしてきている。

ここまで下落するとはほとんどの投資家が思っていなかっただろうが、今後も下落の備えが必要となりそうだ。

(参考 TradingViewのXRPUSDチャート 1時間足)

リップルのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

リップルの今後が気になる方はこちらをチェック!!!↓↓↓

リップルは2019年最も成長の期待される仮想通貨のひとつです。なぜなら、リップルに関連するイベントやプロジェクトが一気に動き出すからです。今回はコインオタクがリップルの今後とjavascript:void(null);将来性について解説しま
 

 

イーサリアム(ETH)

12日5時現在のイーサリアムの価格は272.95ドル(29,615円)、前日同時刻比で-5.3%の下落となっている。

11日0時台にブルーライン(289ドル:31,405円)を割り込んだイーサリアムは、しばらくこのラインの下で推移していた。

しかし12時台に下落が始まると、13時台にはグリーンライン(273ドル:29,717円)を割り込んで一時261.1ドルまで下落となった。

その後はグリーンライン付近まで上昇しているものの、不安定な状況が続いている。

今後はオレンジライン(252ドル:27,381円)まで下落の可能性もありそうだ。

(参考 TradingViewのETHUSDチャート 1時間足)

イーサリアムのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

仮想通貨の価格速報をいち早くゲット!

コインオタクではアプリ上で、仮想通貨価格の速報をかかさず配信中!

もちろん無料で使用することができて全てのニュースを簡単に見ることができます!

さらにアプリ内では、より高度なテクニカル分析からリアルタイムでの売買タイミングまで配信中!

 

                                                                                                                                          \無料アプリを使って/

価格の速報情報をいち早くゲット!