リップル(XRP)は2つのサポートラインを貫いた

11日18時現在のリップルの価格は0.33114ドル(35.79円)、前日同時刻比で-16.08%の大暴落となっている。

リップルは二度の暴落に襲われ、40円を大きく下回って35円台まで値を下げた。

昨夜23時ごろに-3.71%の急落に見舞われたことをきっかけに市場は崩壊。

0時台に-6.21%の暴落を見せサポートラインのブラックライン(0.361ドル:39.11円)を貫通した。

その後はブラックラインすぐ下の水準でもみ合っていたが、12〜14時にかけて再度暴落。

この2時間で最大-12.30%もなだれ落ち、ピンクライン(0.339ドル:36.80円)を一気に突き抜けた。

長い下ヒゲをつけてグリーンライン(0.318ドル:35.24円)で反発すると0.33ドル近辺で一旦落ち着いている。

この価格帯をつけるのは5月14日以来、およそ2ヶ月ぶりだ。

米中貿易戦争の激化が懸念され、仮想通貨に資金が流れ込んで上昇した分をほぼ無に帰してしまったことになる。

この先、次の節目となる0.285ドル(31.58円)まで値を落とすことも考えられる。

(参考 TradingViewのXRPUSDチャート 1時間足)

CoinOtkauの無料サロンで投資を学ぶ!

リップルのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

リップルの今後が気になる方はこちらをチェック!!!↓↓↓

リップルは2019年最も成長の期待される仮想通貨のひとつです。なぜなら、リップルに関連するイベントやプロジェクトが一気に動き出すからです。今回はコインオタクがリップルの今後とjavascript:void(null);将来性について解説しま