ビットコイン(BTC)はトレンドの転換点へ

13日18時現在のビットコインの価格は883,449円、前日同時刻比で+2.05%の上昇となっている。

深夜0時ごろ、1時間で+2.01%の上昇を見せ、抵抗線となっていたグリーンライン(88.1万円)を突破。897,539円の高値をつけた。

上昇は長続きせず反落。11時台にはグリーンラインを下抜ける場面が見られたものの、12時台に入ると再び同ラインを上抜け、市場に安心感をもたらした。

その後もグリーンラインの上位で底堅く推移し、ブルーのレジスタンスラインと水色のサポートラインからなる三角形の頂点を目指して進んでいる。

チャートが三角形を描いているように見えることを業界では「三角保合い(もちあい)」と呼び、トレンドの転換点になりやすいとされている。

5月31日の急落以降、失望感が市場を支配していただけに上昇トレンドへの転換を期待してしまう。間もなく大勢が判明するだろう。

(参考 TradingViewのBTCJPYチャート   1時間足)

ビットコインのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

ビットコインの今後が気になる方はこちらをチェック↓↓↓

ビットコインは今後どうなるか気になりますよね?この記事では、ビットコインの将来性が高い理由や、過去の価格暴落・高騰の歴史、今後を左右する要因、さらには著名人のビットコインの価格予想まで解説しています!