仮想通貨はそれぞれのレジスタンスラインを突破

昨夜から通貨が上昇した仮想通貨市場はそれぞれのレジスタンスラインを突破し、新たな局面を迎えようとしている。

今後も上昇トレンドとして価格が上昇することを期待したい。

ビットコインのマイニングはかなり活発なものになっているらしい。

マイニングの際には電気を大量に消費するのだが、そのときのCO2排出量がラスベガスの街と同量輩出しているという。

しかしこれは良いことであり、ビットコインを保有したいという需要のために、それだけのコストを払われているのである。

 

では、それぞれの通貨を見ていこう。

ビットコイン(BTC)

13日5時現在のビットコインの価格は886,902円、前日同時刻比で+3.2%の上昇となっている。

下落からの上昇で徐々に価格を上げていたビットコインは12日も安定した値動きを見せ、13日0時台にさらに上昇。

9日ぶりにグリーンライン(88.1万円)を突破することとなった。

次に待ち受けているのはレッドライン(91.5万円)とブルーライン(短期の下降トレンドライン)である。

この両ラインを突破しない限りは次の上昇トレンドには乗れないが、現在のビットコインにここを突破できる勢いがあるのか今後の推移を見守っていきたい。

(参考 TradingViewのBTCJPYチャート   1時間足)
 
ビットコインのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓
 
ビットコインの今後が気になる方はこちらをチェック↓↓↓
ビットコインは今後どうなるか気になりますよね?この記事では、ビットコインの将来性が高い理由や、過去の価格暴落・高騰の歴史、今後を左右する要因、さらには著名人のビットコインの価格予想まで解説しています!
 
 

リップル(XRP)

13日5時現在のリップルの価格は0.399ドル(44.21円)、前日同時刻比で+1.8%の上昇となっている。

これまでブルーライン(短期の下降トレンドライン)に沿って下落の一途をたどっていたリップルは12日6時台にもこのラインで反発となったが、11時台についにこの強い抵抗線を突破した。

一時的な推移にも思われたが、その後もブラックラインを割ることなく順調に価格を上げているため、今後の上昇が期待できる状況だ。

今後はレッドライン(0.465ドル:50.94円)という高い壁に挑戦するが、そこに留まることなく更なる飛躍に期待したい。

(参考 TradingViewのXRPUSDチャート   1時間足)
 
リップルのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓
 
リップルの今後が気になる方はこちらをチェック!!!↓↓↓
リップルは2019年最も成長の期待される仮想通貨のひとつです。なぜなら、リップルに関連するイベントやプロジェクトが一気に動き出すからです。今回はコインオタクがリップルの今後とjavascript:void(null);将来性について解説しま
 

イーサリアム(ETH)

13日5時現在のイーサリアムの価格は256.99ドル(27,921円)、前日同時刻比で+5.1%の上昇となっている。
 
11日の下落から順調な回復を見せたイーサリアムは右肩上がりの成長を続けて、何度か一時的にオレンジライン(252ドル:27,381円)まで近づく動きを見せたが12日にこのラインを突破することはなかった。
 
しかし、13日0時台に大きな上昇をみせると、ついにオレンジラインを突破することに成功した。
 
今後はグリーンライン(273ドル:29,717円)に向かいたいところだが、2時台から下落傾向になっているのが気になるところだ。
 
今後の推移を見守っていきたい。