仮想通貨は直近高値の更新に挑戦中

ビットコイン・イーサリアムは現在のレンジの上限、抵抗線として機能しているラインの突破に向けて力を蓄えつつある。

一方、リップルは短期の下落トレンドラインにほぼ沿う形でゆっくりと下落している。

主要通貨以外では、ライトコインが調子よく上昇を続けている。

気になる方は以下の記事をご覧いただきたい。

仮想通貨ライトコインは8月の半減期に向け高騰中|上昇の鍵を握るハッシュレートとは

それぞれの通貨を詳しく見ていこう。

 

ビットコイン(BTC)

12日18時現在のビットコインの価格は865,717円、前日同時刻比で-0.04%のわずかな下落となっている。
昨日終値では85万円台近辺まで値を下げていたが、今日は上昇の動きが目立った。
しかし、抵抗線として意識されているグリーンライン(88.1万円)には届かなった。
今日の展開を詳しく見ていこう。
深夜1時ごろ、84.0万円の安値をつける不安な場面もあったものの、1時間足全体で見ると大きく上昇。86万円台に乗る様子も見られた。
9時台に下落があったものの11時台にも再び大きな陽線をつけ、87.6万円台の高値を見せる場面もあった。
その後、上げ幅を小幅に縮小し、86万円台で推移している。
抵抗線のグリーンラインまで距離をとって反落したことから、相場の上昇材料が少なくなってきたと見ることができるだろう。
ビットコイン相場はブルーの短期下落トレンドラインを意識しながら、ゆっくり下落していくと考えている。
(参考 TradingViewのBTCJPYチャート   1時間足)
ビットコインのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓
ビットコインの今後が気になる方はこちらをチェック↓↓↓

 

リップル(XRP)

12日18時現在のリップルの価格は0.39423ドル(42.68円)、前日同時刻比で-0.30%の小幅な下落となっている。
今日の値幅は0.38350ドル(41.51円)〜0.39349ドル(42.60円)と狭い範囲でのやり取りとなった。
これまで短期下降トレンドライン(ブルー)に下押しされる形で下落を続けていたが、11時ごろに価格が上昇し、同ラインをわずかに上抜けて推移している。
このことによって明確にトレンドが転換したとは言えず、現時点では誤差の範囲内と言える。
したがって、引き続き下降トレンドは継続すると見られる。
下値の目安となるのはブラックライン(0.375ドル)だ。
このラインを割り込むようだと、上値を伸ばす展開になることは想定しにくい。
(参考 TradingViewのXRPUSDチャート   1時間足)
リップルのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓
リップルの今後が気になる方はこちらをチェック!!!↓↓↓

 

イーサリアム(ETH)は

12日18時現在のイーサリアムの価格は248.53ドル(26,904円)、前日同時刻比で0.65%のわずかな上昇となっている。
イーサリアム相場は短期的な上昇トレンドを継続中だ。
深夜1時ごろ+1.36%上昇を見せると、朝6時ごろまでじりじりと値を伸ばした。
その後、10時ごろまで反落する動きもあったが、11時ごろには+1.63%の上昇。反落した分を全て取り返した。
そのまま強い上昇期待感を持って相場は進行したものの、12時台は上ヒゲが高く伸びた十字線をつけ、上昇期待は成就しなかった。日通し高値の251.10ドル(27,182円)。
現在は248ドル台後半の高値圏で推移している。
抵抗線のオレンジライン(252ドル:27,381円)突破まで後少しだ。
(参考 TradingViewのETHUSDチャート   1時間足)
イーサリアムのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓