リップル(XRP)は支持線まで間近に迫っている

12日18時現在のリップルの価格は0.39423ドル(42.68円)、前日同時刻比で-0.30%の小幅な下落となっている。
今日の値幅は0.38350ドル(41.51円)〜0.39349ドル(42.60円)と狭い範囲でのやり取りとなった。
これまで短期下降トレンドライン(ブルー)に下押しされる形で下落を続けていたが、11時ごろに価格が上昇し、同ラインをわずかに上抜けて推移している。
このことによって明確にトレンドが転換したとは言えず、現時点では誤差の範囲内と言える。
したがって、引き続き下降トレンドは継続すると見られる。
下値の目安となるのはブラックライン(0.375ドル)だ。
このラインを割り込むようだと、上値を伸ばす展開になることは想定しにくい。
(参考 TradingViewのXRPUSDチャート   1時間足)
リップルのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓
リップルの今後が気になる方はこちらをチェック!!!↓↓↓