ビットコイン(BTC)はレンジ相場を見せている

24日18時現在のビットコインの価格は873,000円、前日同時刻比で+4.48%の上昇となっている。
ブラックライン(83万円)の上方で踏みとどまれるか、下抜けてしまうかの攻防を繰り返していたが、昨晩22時ごろから価格は上昇し、レッドライン(91.5万円)とブラックラインの中間まで値を戻した。
この2つのラインを上限・下限としたレンジ相場の様相を見せている。
過去のチャートまで含めて見ると、レッドラインまで達したときが売りのサインと読むことができる。
投資家は売るタイミングを待っており、下落の勢いのほうが強い、と思いながらトレードしたほうが心理的負担は少ないだろう。
(参考 TradingViewのBTCJPYチャート   1時間足)