仮想通貨市場は全面高

これまでビットコインが牽引していた状況だったが、アルトコインが大きく上昇してきている。
それぞれの通貨を見ていこう。

ビットコイン(BTC)

16日5時現在のビットコインの価格は896,950円、前日同時刻比で+4.9%のとなっている。

15日の5時台にブラックライン(830,000円)まで下落したビットコインであったが、すぐに反発して16日3時台に90万円を突破。

価格はその後も下落することなく、現在は896,950円と90万円手前まで推移。

好調を維持しているビットコインだが、今後下落となるとブラックライン(830,000円)が一つの焦点となってくるだろう。

良いニュースが続いているので更なる価格上昇に期待したい。

ビットコイン:(参考 TradingViewのBTCJPYチャート   1時間足)

これまでのビットコイン価格変動は以下からチェック↓↓↓

https://coinotaku.com/news/articles/35414

 

リップル(XRP)

16日5時現在のリップルの価格は0.432ドル(47.86円)、前日同時刻比で+8.3%の大幅な上昇となっている。

15日から16日にかけて好調を維持していたリップルは順調に価格を伸ばしている。

その中で、下落した際にはブラックライン(0.375ドル:41.56円)付近で3度、0.419ドル(46.42円)付近で2度の反発があったことから、今後はこのラインを中心として意識されていくのかもしれない。

いずれにせよ、リップルはこの2日間上昇チャートを継続しているため、今後の価格上昇も大いに期待できるだろう。

リップル  :(参考 TradingViewのXRPUSDチャート   1時間足)

これまでのリップル価格変動は以下からチェック↓↓↓

https://coinotaku.com/news/articles/35419

 

イーサリアム(ETH)

16日5時現在のイーサリアムの価格は241.46ドル(26,753円)、前日同時刻比で+15.4%の大幅な上昇となっている。

これまでグリーンライン(200ドル:21,934円)付近で推移していたイーサリアムであったが、15日の6時台から上昇を始め、243.9ドル(27,024円)まで上昇した。

この価格に最後に到達したのは昨年9月で、約8か月ぶりの価格水準となった。

ビットコインとの相関性が高い通貨でもあるので、今後もビットコインと共に上昇していくことを期待したい。

イーサリアム:(参考 TradingViewのETHUSDチャート   1時間足)