前日から大きく上昇

15日5時現在のリップルの価格は0.396ドル(43.87円)、前日同時刻比で+17.7%の上昇となっている。
これまでグリーンライン(0.318ドル:35.24)付近で彷徨っていたリップルであったが、0.399ドルまで大暴騰を記録し、現在も高水準を維持。
予想だにしなかった嬉しい誤算に投資家は歓喜しているだろう。
米大手Coinbaseが厳格な仮想通貨規制を設けるニューヨークでのリップル取引を開始することが上昇の要因の一つとなっている。
今後はブラックライン(0.375ドル:41.56円)が焦点となるが、今回のリップルの上昇で好調を維持しているビットコインからの資金流入による価格高騰を期待していきたい。

リップル  :(参考 TradingViewのXRPUSDチャート   1時間足)