リップル(XRP)は一時0.331ドルの抵抗線を突き抜けた

12日18時現在のリップルの価格は0.31996ドル(35.16円)、前日同時刻比で+3.43%の上昇となっている。
リップルは朝の段階で抵抗線となっていたオレンジライン(0.331ドル:36.68円)を破り、一時37円台の高値をつけた。
オレンジラインはこれまで何度も突破を阻んでおり、突き抜けられたのは4月17日以来、25日ぶりとなる。
その後、ビットコインと歩調を合わせるかのように8〜9時台にかけ、最大-8.67%下落したが、青ライン(0.301ドル:33.36円)を割ることなく反発している。
しかし、17時台に入ると急落し、売り買いが交錯していることがうかがえた。
再度オレンジラインを超えることができるか、期待が集まる。
(参考 TradingViewのXRPUSDチャート   1時間足)