各通貨とも順調に上昇

仮想通貨はそれぞれ大幅上昇となった。

それぞれの通貨を見ていこう。

ビットコイン(BTC)

12日5時現在のビットコインの価格は763,316円、前日同時刻比で+8.1%の上昇となっている。

ビットコインは11日にオレンジライン(70万円)を突破すると、そのままの勢いで5時現在では763,316円の価格に到達。

仮想通貨の広告を禁止していたFacebookの広告ルールの緩和、株式市場の不確実性からの仮想通貨への資金流入など、追い風となる状況が続いている。

今回の上昇で約半年ぶりの70万円台となったため、投資家からの注目はさらに高まっていきそうだ。

ビットコイン:(参考 TradingViewのBTCJPYチャート   1時間足)

 

リップル(XRP)

12日5時現在のリップルの価格は、0.324ドル(33.89円)、前日同時刻比で+7.1%の上昇となっている。

リップルは8日からグリーンライン(0.318ドル)を割って、ブルーライン(0.301ドル)付近で推移していた。

しかし、11日23時にグリーンライン(0.318ドル)を突破すると、そのままオレンジライン(0.331ドル)のラインまで到達。

今回の上昇ではオレンジライン(0.331ドル)で反発したため、今後はこのラインの突破が焦点となってくるだろう。

リップル  :(参考 TradingViewのXRPUSDチャート   1時間足)

 

イーサリアム(ETH)

12日5時現在のイーサリアムの価格は194.54ドル(21555.03円)、前日同時刻比で9.1%の上昇となっている。

ここまでピンクライン(178ドル)の壁に阻まれていたイーサリアムであったが、11日17時にようやく抜け出すことに成功。

次の目標であったレッドライン(188ドル)反発するかと思われたが、そのラインも突破して5時現在では194.54ドルと大幅に上昇。

約半年ぶりの価格帯となっており、200ドル台に乗る可能性が高まってきた。

イーサリアム:(参考 TradingViewのETHUSDチャート   1時間足)