仮想通貨市場はニュースに翻弄される

仮想通貨市場はニュースに翻弄された形となった。

例えばビットコインは、ニューヨーク州の司法長官が仮想通貨取引所ビットコインフィネックスとステーブルコインのテザーを訴追したというネガティブなニュースにより、価格が大幅に下落している。

それぞれの通貨を見ていこう。

ビットコイン(BTC)

26日18時現在のビットコインの価格は584,141円、前日同時刻比で-4.1%の大幅な下落を記録している。

これまでは、17日朝から22日昼にかけて水色ライン(③)を意識しながら上昇し、さらにその後、23日の昼にまた大きく上昇していた。

(参考 TradingViewのBTCJPYチャート   1時間足)

26日18時現在のビットコインの価格は584,141円、前日同時刻比で-4.1%の大幅な下落を記録している。

 リップル(XRP)

26日19時現在のリップルの価格は33.46円、前日同時刻比で-3.0%の下落となっている。

これまでは、ピンクライン(②0.350ドル39.1円)と青ライン(④0.318ドル35.4円)のレンジ内で上昇下落を繰り返していたものの、16日朝に大幅な下落をしていた。

(参考 TradingViewのXRPUSDチャート   1時間足)

26日19時現在のリップルの価格は33.46円、前日同時刻比で-3.0%の下落となっている。

 イーサリアム(ETH)

26日19時現在のイーサリアムの価格は17,651円前日同時刻比で-8.7%の大幅な下落となっている。

イーサリアムは本日6時から7時にかけ大幅な下落を記録。

その後大きく立て直すこともできず、ズルズルと嫌な流れのまま現在にまで価格を推移させている。

(参考 TradingViewのETHUSDチャート   1時間足)